横浜流星“直輝”がミスパンダになりすまし!?視聴者は「今日はオネエ言葉プレイの回?」の声『シロクロ』

清野菜名横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第4話が2月2日に放送。インターネット上では、横浜や田中圭のあるシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士で正義の存在・ミスパンダの川田レンを、横浜は、東京誠立大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。

ある日、直輝はレンの主治医である門田明宏(山崎樹範)から、レン・リコ姉妹の秘密を聞き出す。門田の行動に疑問を持ち始める直輝だったが、門田も直輝を警戒し始める。一方、レンはバイト先である喫茶店のマスターで、囲碁の師匠・加賀春男(升毅)に、改めて囲碁を教えてほしいとお願い。彼女には、日本一になって自分のことを好きになるだけでなく、直輝にも好きになってほしいという思いもあった。

そんな中、レンを目の敵にしている東山楓(吉田美月喜)が通う中学校で立てこもり事件が発生。3年生の翔太が「こいつにイジメられた」と涼介を屋内プールに監禁した。イジメの事実を認めない涼介と、イジメを受けたと訴える翔太のどちらが真実なのか、ミスパンダに決着をつけてほしいと訴え、ミスパンダが来なければ、涼介をプールに沈めると脅した。

翔太の訴えは楓の手により、ミスパンダチャンネルに動画投稿された。直輝は動こうとするも、謎の男・Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、呼ばれて助ける前例を作ってしまうと、今後の活動に支障をきたすと制止されてしまう。途方に暮れていた直輝は、父・森島哲也(田中)とのやりとりを回想。幼い頃、動物園にパンダを見に行く約束をしていたが、警察官である哲也は、休日出勤を余儀なくされてしまう。幼い直輝は「ウソつき!」と怒るも、哲也から「今、パパの助けを待っている人がいるんだ」と諭される。哲也から、優しさは強さであることだけでなく「誰かに助けを呼ばれたら、必ず助けに行くんだぞ?」と教わったことを思い出した直輝は、レンをパンケーキ店に誘い出し、単独行動に出る。

しかし、門田はレンに接触を図り、直輝に近づかないよう注意。「彼は君に好意なんて持っていない。ただ利用しているだけだ」と警鐘を鳴らす。そんなこともあってか、ミスパンダは中学校に現れなかった。直輝は人形とボイスチェンジャーを使って翔太とコンタクトを取るが、警備員に見つかり、逃げまどいながらミスパンダのフリをする……。

ネット上では、哲也がカメラ(幼い直輝目線)に向かって問いかけるシーンがあり「人類(視聴者)を10回は滅ぼす破壊力を秘めてるよ」の声が。さらに、直輝の逃げ回るシーンについて「オネエ言葉で逃げるスーツのメガネイケメン」「今日は飼育員さんのオネエ言葉プレイの回と理解すれば良い?」といった反応があった。

PICK UP