博多華丸・大吉&千鳥『R-1ぐらんぷり』の“テッパン”エピソードを披露「記念にいい時計でも…」

毎週火曜に放送中の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(カンテレ・フジテレビ系、22:00~)でMCを務める博多華丸・大吉千鳥が、自分たちともゆかりの深い『R-1ぐらんぷり』について語った。

この番組は、漫才、トーク、ロケ、どれを取っても一級品で、現在のお笑い界を引っ張るMCの2組が、ゲストのテッパン(=絶対に面白い)話を聞き出していくトークバラエティ。2組にとっては、全国ネットでゴールデン・プライム帯の初冠番組となる。

ひとり芸のナンバー1を決める『R-1ぐらんぷり2020』の決勝戦が今年の3月上旬に開催されるのを前に、コメントを求められた華大と千鳥。博多華丸は、『R-1ぐらんぷり2006』で優勝しており、千鳥の大悟も『R-1ぐらんぷり2012』の決勝戦に進出していることから、番組のコンセプトに沿って、『R-1ぐらんぷり』にまつわる“テッパン話”を披露した。

当時、故・児玉清さんのものまねネタで優勝を飾った華丸は「優勝して人生変わりましたね。あの時、優勝していなかったら今ごろ博多で酒飲んでます」と笑いながら、優勝賞金の500万円について、「半分は大吉さんに渡して、半分は嫁さんに渡してスッカラカンですよ!」と告白。半分を受け取ったという博多大吉は「優勝ネタの台本を書いたから、ということでもらったんですけど、せっかくだし“記念にいい時計でも買う?”って(華丸に)聞いたら“携帯があるけん、時間はわかるばい”って言うんですよ」と、彼ならではのエピソードで笑いを誘った。

一方、大悟は「ワシも1回、決勝戦に出てますが、“財布から7万円抜かれとる!”って客席を疑ってキレるネタをやって、嫌われてスベって終わりましたね(笑)。僕のせいで、僕の次の出番だったヤナギブソンさんまでスベらせてしまいました」と、“巻き込み事故”を起こした苦い思い出を回顧。

さらにノブに「もしあの時、優勝してたら賞金は何に使ってた?」と聞かれると、「借金返済!」と即答。ノブから「結局、大悟に渡しても(賞金は)ボートレースに消えるもんな」と笑われていた。

また、大悟は「1人で出てスベったことによって、漫才に力を入れよう! と思うようになりました」と相方の大切さを強調。その上で、「結果、何があっても、『R-1ぐらんぷり』は学びの場になります」と出場者にエールを送った。

今年で18回目を迎える『R-1ぐらんぷり』は、3月上旬に全国ネットで決勝戦を生放送予定。なお博多華丸・大吉&千鳥のコメントは、カンテレ公式Youtubeで公開されている。