佐藤健、ドSキャラを暴露されるも「意外と上白石さんがドS」と反論!『恋はつづくよどこまでも』

1月14日スタートの火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系、毎週火曜22:00~※初回15分拡大)のプレミアム試写会&舞台挨拶が1月8日、都内で行われ、主演の上白石萌音佐藤健毎熊克哉昴生ミキ)、渡邊圭祐吉川愛堀田真由香里奈が出席した。

小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画を映像化した本作は、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクター・天堂浬(佐藤)に一目ぼれをしたことでナースとなった主人公・佐倉七瀬(上白石)の恋と成長を描く、胸キュンラブストーリー。

上白石は、「昨日の夜から脈拍がおかしなことになるくらい緊張しています」と打ち明けるも、「大好きな皆さんとこの場に立てることがすごく幸せです。(観客の)皆さんが笑顔なのでよかったです」とニッコリ。試写会には看護師や看護学校の生徒が参加しており、上白石は、佐藤を見ながら「こんな先生います?」と目を輝かせ、「全国の看護師の皆さんに夢を与えられたらいいなと。皆さんを代表して、役得でキュンキュンさせていただこうと思います」と茶目っ気たっぷりに明かした。

一方、佐藤は、「現場では上白石さん演じる七瀬に心無い言葉を浴びせ続け、周りから『ひどいひどい』と言われ、心を痛める日々です」と吐露し、「普段慣れていないことを言うのはしんどいですけど、我々のやりとりに皆さんに少しでもニヤニヤしてもらえたら、傷んだ心も報われます」と爽やかな笑みを見せながら挨拶。ドSな天堂に共感する部分を聞かれると、「普段は温厚なので、ございません!」と断言。だが、上白石から「カメラが回っていないときにも、ミニ天堂が出てきたなと思うことがあります」と暴露され、昴生からも「僕が芝居するとき、首をかしげはる。それはやめてほしい」と懇願され、苦笑いしていた。

そんな佐藤だが、上白石に対して、「ドラマでは僕がSで七瀬ちゃんが翻弄される関係なんですが、普段は全く逆。意外に上白石さんがドSです」と反論も。「僕が何回も頭を触るところがあるんですけど、何回もやるのでイライラが募ったのか、後半キレていました」と暴露すると、上白石は「そんなことないです。大変光栄です。佐藤健さんに頭ツンツンされるなんて」と返し、会場の笑いを誘っていた。

また、ドラマタイトルにかけて「〇〇はつづくよどこまでも」についてトークも。「香りはつづくよどこまでも」と答えた上白石は、「香里奈さんがめちゃいい匂いするんです」と興奮気味で明かし、佐藤も「1話で(香里奈に)抱きつかれるんですけど、香りという名のフェロモンが襲い掛かってきて」と証言した。これに香里奈は「あれはハンドクリームがよくなかったのよ」と恐縮するも、上白石は「よくないんじゃないんです、よいんですよ! ステキだなと思って。2020年は香る女になりたい」と宣言していた。

最後に上白石は「全ての人にとって、あの子も頑張ってるから私も頑張ろうと思える勇気をもらっていただけるようなドラマになれば。ステキな人ばかりで作っているので、その温かさがこの寒い季節に皆さんに届けば」とアピールし、締めくくっていた。