神田松之丞、美奈子ファミリーから「マイナス20点くらい」「毒舌キャラでもない」と辛辣評価!

話題の講談師・神田松之丞滝沢カレンが、松之丞のロケVTRを見ながら「あーだこーだ」と反省するバラエティ『松之丞カレンの反省だ!』(テレビ朝日系、毎週土曜24:35~)が、12月21日に放送。今回、松之丞は、大家族番組で一躍脚光を浴びた美奈子のYouTube撮影に密着した。

実は4年前に元プロレスラーの義人さんと再婚した美奈子は、一男七女の母として、今年の10月にYouTuberデビュー。チャンネルを開設してわずか1か月で登録者数5万人を突破するなど、人気YouTuberとしての片鱗を見せている。

美奈子の自宅がある埼玉県新座市にやってきた松之丞は、美奈子が世に出るきっかけとなった大家族系の番組について、「引いちゃうんです。俺の繊細な部分で拒否するんですよね」「意外にマジでダメなんですよ」と、苦手意識があることを告白。浮かない顔で、「そんなに(子供を)作っちゃいけない……」とこぼしていた。

しかし、美奈子の自宅を訪れ、美奈子や子供たち対面すると、いつもの毒舌はなりを潜め、「あら癒やされる」「かわいいね」などの発言を連発。子供を抱っこしようとして嫌がられるなど、微笑ましいレポートに終始した。

ここで、YouTubeの撮影準備のため、松之丞は一回外に出ることに。ロケバスの中で、スタッフにここまでの感想を聞かれた松之丞は「思った以上に良い人な感じがしたんで、何もできないです。踏み込めないです。子供を傷つけちゃいけない」と、厳しくツッコめない苦しさを吐露。一方、美奈子の子供たちは松之丞に対し、「マイナス20点くらい」「見たことはある気がするけど……知らない」など、辛辣な評価を下していた。

スタジオで子供たちからの評価を知った松之丞は、「あんなに陰口をテレビで放映されるの初めてですね」「ドキドキしちゃって」と語り、「もう1回会いに行きたくなっちゃったな。マイナス20点をどうにか上げたい」と再戦を希望した。

一方、松之丞の評価が低いことが面白くて仕方ないカレンは、手を叩いて大爆笑。しかし、美奈子のことを知っているかと聞かれると、「“ビッグパパ”のことは知ってたんで……」と話し出し、松之丞からすかさず「ビッグダディですね」とツッコまれていた。また、子供の話題から、「松之丞さんの子供さんもいつか預かりたい」とリクエストし、松之丞を不安にさせる一幕も。

結局、松之丞は、美奈子ファミリーが巨大巻き寿司を作るというチャレンジ動画の撮影に立ち会って終了。ロケ後、スタッフが夫である義人さんに松之丞の印象を尋ねると「毒舌キャラって聞いたんですけど、あんまり毒舌キャラでもないし、面白いこと言うわけでもなくて……」と本音がポロリ。子供たちからも「普通」と言われた松之丞は、「グッときますね」と、改めてショックを受けていた。

PICK UP