ダウンタウンと最後の共演!?森昌子の“モッチャレラチーズ”に松本人志「歯がないんか」

公開:

森昌子尾上菊之助が、11月1日に放送される『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)の人気企画「本気でハシゴ酒」に登場する。

「本音でハシゴ酒」は、ダウンタウン浜田雅功松本人志)、坂上忍と酒を飲みながら本音で語り合うコーナー。この日は、夏菜田中みな実が“飲み仲間”として参加し、人形町と目黒のお店をハシゴする。

年内での引退を発表した森。森といえば、『ダウンタウンなう』のナレーションを2年10か月にわたって担当していたが、今回がダウンタウンとの最後の共演となる。会うのも最後かもしれないということで、彼らに言いたいことを全部ぶっちゃける。

森は2016年に同企画にゲスト出演したが、その際の反響が大きかったと語る。それまでは“優等生”のイメージで、前に出るタイプではなかったが、番組出演時は緊張していたこともあり、本番前にお酒を3杯くらい飲んでいたそう。「それで気持ちが大きくなっちゃって」と当時の心境をぶっちゃけ、笑いを誘う。彼女の素のキャラクターが出たその放送がきっかけで、それまでの世間のイメージが一変し、バラエティ番組の仕事が増えたのだという。「ダウンタウンさんと坂上さんにかわいがっていただいて……」と感謝の気持ちを述べる森だが、遮るように松本が放った一言が彼女に火を付け、ダウンタウンに対していまだに根に持っているというあることを暴露する。それについて淡々と語る松本と、怖い顔をして「なんやねん」とどすを利かせる森とのやり取りにも注目だ。

また、スタッフからは「森昌子はナレーション録りが苦手らしい」という証言が飛び出す。そのことについて森は、「カタカナが苦手なんです」と告白する。中でも苦手なのが “モッツァレラチーズ”という言葉だといい、発音にチャレンジするもうまく舌が回らず、“モッチャレラチーズ”となってしまい、松本から「歯がないんか」とつっこまれる場面も。さらに、今回が最後の出演ということで、森がその場でお店紹介のナレーションに挑戦することに。果たして、1回でばっちり決めることはできるのか?

そして最後には、森からダウンタウンに、「似顔絵を描いてほしい」とお願いが。「え~」と言いながらも、2人は色紙に森の似顔絵を描き披露する。「かわいい」と高評価の松本に対し、一同を笑いの渦に包んだ浜田の絵とは?

続いて、五代目・尾上菊之助が登場する。歌舞伎界で長い歴史を持つ超名門・音羽屋の若きスターで、これまで多彩な役を演じてきた彼は、特に女形で高い評価を得ており、その美貌と愛らしさで多くの観客を魅了した。人間国宝の七代目・尾上菊五郎と大女優・富司純子を両親に持ち、姉は女優の寺島しのぶという華麗な芸能一家で育った彼の驚くべき私生活が明らかに。

菊之助とは、ダウンタウン、坂上、田中の全員が初対面。坂上は菊之助に対し「ちゃんとしているイメージ」を持っていると言うが、松本は「真っ白いパンツをはいていそう。それを何枚も持っているイメージ」と言い、笑いを誘う。また、人間国宝の父・菊五郎について「父親としては厳しい人だった?」と問われると、菊之助は高校生の頃にあることが原因で父に激怒されたエピソードを語る。それを聞いた浜田は「お前が悪い!」と菊之助の頭をはたき、坂上らから「初対面だから!」と総つっこみを受ける場面も。

そして、話題は2013年に結婚した妻のことへ。菊之助は、「妻にプロポーズをしたが、妻は“プロポーズをされた記憶がない”と言っている」と語る。坂上に「何とプロポーズした?」と聞かれ、彼がその時の言葉を明かすと、田中が微妙な表情になる。「女性としてはちょっと抽象的すぎる」「奥様がプロポーズとして認識していないのであれば、それはプロポーズではない」と田中にきっぱり言われ、菊之助はたじたじに。果たして、彼のプロポーズの言葉とは? 

さらに、その妻から彼の私生活について、ある恥ずかしい一面を暴露される。折り目正しく生活していそうな彼のイメージを覆す内容に一同は爆笑し、坂上は「ちょっと変態のにおいがしてきた」とつぶやく。その驚きの暴露の内容とは?