ビュッフェはどれくらい食べれば元が取れるのか!?『それって!?実際どうなの課』

公開:

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)。10月23日の放送は、ビュッフェで元を取る方法を徹底追求する。

SNSが発展するこの時代、巷にあふれる「気になるウマイ話」や真偽不明のネタ。忙しいし、やってもムダに終わったらイヤだし、ちょっと怖いから実際は手を出せない……そんなウワサの数々は“それって、実際どうなのか?” そんな“気になる”ことを番組がカラダを張って、時間を使って調べていく。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵に加え、この日は大島美幸森三中)が出演する。

家が建つようなウマい儲け話に乗っかり、「実際どうなの課」の別荘を買いたいという野望を持った生瀬の肝いり企画「MC生瀬の野望」。今回は、なんと「釣り」で稼ぐ!? 実は釣った魚を売ることで、1回で10万円も稼いだ人もいるというウマい話も。釣り好きだという生瀬は「好きなことをしてお金が頂ける」とテンションMAX! 果たしてどれだけ稼ぐことができるのか!?

TVやネットで話題の人気店を調査する「バカヤロー飯」、今回は「ホテルビュッフェ」編。あるデータによるとビュッフェの原価率はおよそ30~40%だという。例えば3000円のビュッフェなら、お腹いっぱい食べても1200円程度に収まるという計算に。だが、ビュッフェの中には店側が絶対に公表しない原価率度外視の料理があるという。それを狙い撃ちすれば元が取れるのではないか? というわけで「品川プリンスホテル」と「ホテルニューオータニ」の王道ホテルビュッフェに大島が突撃し、ビュッフェで元を取る方法を徹底追及。カニやローストビーフ、即完売するほど人気のケーキなど極上メニューが続々登場する。