立川志らく、ネット上の心ない声も気にせず「話題になっているほうがいい」新番組『グッとラック!』MC

公開:

落語家の立川志らくをMCに迎えた新番組『グッとラック!』(TBS系、毎週月曜~木曜8:00~10:25/金曜8:00~9:55 ※一部地域をのぞく)が9月30日(月)にスタート。このほど行われた取材会に、志らくとタッグを組む国山ハセンアナウンサー、アシスタントの若林有子アナウンサー、気象予報士の根本美緒、芸能レポーターを務める高野貴裕アナウンサーが出席し、番組の見どころを語った。

本番組は現在『ひるおび!』にもコメンテーターとして出演する志らくが「家庭的なネタ」から「社会派ネタ」など、歯に衣着せぬコメントで世相を斬る朝の情報番組。意気込みを問われた志らくは「『ひるおび!』を3年ほどやってきて、それがすさまじく拡大したような気持ち。自然体でやろうと思っています。自分の生活の一つになれば。生活の一つになれば朝もつらくない」と嬉しそうにコメント。

『ひるおび!』にもこれまで通り出演するといい、「体力面は正直心配になります。老成に入るのに何を一番忙しくなっているんだろうって」と照れ笑いで答え、会見中は終始饒舌。SNSでは一部ネガティブな反応もあったというが、それほど気にならないといい、「ワンクールで終わるとか、朝からこんなやつの顔見たくねえとかネットでいろいろ言われていますけど、スルーされるより、話題になっているほうがいい」ときっぱり。「テレビを始めて数年なのに意外と影響力あるんだなって。私が『ひるおび!』を始めたころは何もざわつかなかった。テレビで自分はちゃんと爪痕を残して来たんだって」とそんな声もポジティブに捉えているという。

続けて「MCは自分以外に2人いる、基本的にはハセンさんにお任せして、MCではあるけどコメンテーターの拡大版、ご意見番という感じでやろうと思っています」と改めて意気込み。視聴率についても「数字はあんまり気にしない。『ひるおび!』でも視聴率は見ていないので。私がもがいても仕方ない」と持論を展開。「数字で一喜一憂するのは上の人だけでいいんじゃないですか。私からやらせてくださいといえばアレですけど、そこはあんまり考えていないです」と飄々と話していた。