鎖骨の美しさにうっとり!小宮有紗がサウナーで登場『サ道』

原田泰造三宅弘城磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第8話「女性のための最先端サウナでととのう」が、9月6日に放送される。今回、小宮有紗が演じる都内の企業で働くOLサウナーのミズキにスポットをあてる。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化。サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれている。原田演じる伝説のサウナーの後を追って全国を旅するナカタアツロウが主人公で、キャスト、スタッフ共に自他ともに認めるサウナ好きが集結。小宮のほかに、荒井敦史山下真司荒川良々、サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

<ストーリー>
今、密かにサウナーの間で話題の“おしゃれな女性が集まるサウナ”があるという。都内の企業で働くOL・ミズキ(小宮)は、週末になるとサウナを求めて各地を訪れている。今回もわざわざ仕事終わりに新幹線で名古屋を訪れたミズキ。ビルの中とは思えない北欧テイストの店内やおしゃれな雰囲気に感動を覚えていた。館内着に身を包み、ゆったりサウナを満喫していると、2人組の女性と出会う。なんと彼女たちは……!?