過疎化が進む島のお年寄りに寄り添う看護師「うたちゃん」のセブンルールとは?

9月3日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、瀬戸内海の離島・豊島(てしま)の看護師・小澤詠子(39)に密着する。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高本谷有希子YOU若林正恭オードリー)。

瀬戸内海に浮かぶ離島・豊島は、香川県高松市からフェリーで30分、人口約800人のうち半数以上が高齢者という、過疎化が深刻な島だ。この島にある唯一の診療所で、たった一人の常勤看護師として患者と向き合う小澤は、「うたちゃん」の愛称で親しまれる、島のお年寄りの命を支える存在だ。

小澤にとって豊島は、元々は縁もゆかりもない土地だった。大阪で生まれ育った彼女は、幼い頃から看護師になることが夢だった。しかし高校生の時、父が癌に侵され亡くなってしまう。その父の闘病中に、担当看護師の言動にショックを受け、その夢を閉ざしてしまった。将来の道を決められぬまま、大学では環境学を専攻。産業廃棄物の調査で訪れた豊島で、看護師の夢が再熱。大学卒業後に豊島に移住し、看護師免許を取得した。

豊島には常勤の医師はいない。島で唯一の常勤看護師である小澤は、週4日派遣される医師や事務員たちとともに島民の命を守っている。診療所を訪れる患者のほとんどが70~90歳代の高齢者。そんな患者たちの異変を一早く察知できる、彼女ならではの「言葉の薬」がある。

家庭では夫と幼い2人の子供と共に高松で暮らす一方、豊島にも居を構え、状況により帰る家を選択する生活を続けている。更には、看護師としてだけでなく、福祉の充実やそのための勉強にも熱心に取り組んでいる。あらゆることに精力的な姿勢を見せながらも、優しい笑顔を絶やさない。そんな小澤のセブンルールとは……?

VTRを通して小澤の豊島での存在感の大きさを垣間見たスタジオメンバーたちは、「小澤さんが別の場所に行くことになったらどうなるんだろう?」(青木)、「もはや町長ですよね」(YOU)と口々に話す。そんな中、「優しさ」という話題に移る。コンビニのイートインスペースを利用して夜ご飯を食べることが多いという若林は、パートのおばちゃんから優しい言葉をかけてもらえたことが「滅茶苦茶嬉しかった」と話す。「普段は仕事上の付き合いしかないから、より優しさが身に染みる」と言う若林に対し、本谷が放った一言にスタジオは爆笑となる。