鷲見玲奈アナ、衝撃の初体験に「今でも興奮しています!」

公開: 更新:
鷲見玲奈アナ、衝撃の初体験に「今でも興奮しています!」

医師でマジシャンの志村祥瑚が、8月31日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信鷲見玲奈アナウンサー、番組アナリストの都並敏史をミスディレクションによるマジックで翻弄する。

2017年、志村は新体操女子日本代表フェアリージャパンのメンタルスタッフとしてチームをサポート。すると同年に開催された世界選手権で42年ぶりとなる個人・団体ともに銅メダルを獲得。さらに今年のワールドカップでは強豪国を破り優勝するなど、チームの躍進を支えている。

そんな志村が、番組冒頭でミスディレクションを駆使したカードマジックを披露。ミスディレクションとは、人々の注意をそらすことで、本来見るべきものを隠すことができるテクニック。スタジオの3人はミスディレクションされるとわかっていたにもかかわらず、志村に翻弄されてしまう。

番組SNSでは、鷲見アナが収録を振り返り「衝撃的すぎて泣きそうになりました。マジックを生で見るのは初めてだったので、こんな近くでいろんな角度から見ていてもわからないのは衝撃的すぎました。今でもまだ興奮しています! みなさんも引っかかると思うので、私達と驚きを共有してください」とメッセージをおくっている。この日の放送ではいくつものマジックが披露され、その種明かしもされていくので必見だ。

そして志村は、トレーニングを行う上で「フォーカス(焦点)」が重要だと提言。その効果を実証するため、ブレインスカウター・サトミキこと佐藤美希が、実際にボールを使った実験に挑戦。ミスディレクションとフォーカス理論によって起こるパフォーマンスの変化に注目だ。

画像ギャラリー