女子高生、愛人契約で月40万円を荒稼ぎ!?お散歩JKには裏オプも…

愛人女性を300人以上取材してきたライターの中山美里さんが、8月8日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。JKビジネスの実態を明かした。

愛人といえば、金持ちの男性がホステスや売れないモデルなどと契約を結び、高額のお手当を渡すイメージがあるが、最近はごく普通の一般女性が愛人になるという「副業愛人」が増えている。近年「パパ活」が流行し、カジュアル化されたのもその要因のひとつだという。低賃金のアルバイトよりも時給が良いため「どうせ働くならもっと稼ぎたい」という考えで、愛人との一夜を「仕事」と捉えている女性も多いのだとか。

中山さん曰く、年収200万円と低収入の男性にも愛人がおり、その場合はホテル代金別で1回5,000円。「安すぎる」という出演者のツッコミに対し、中山さんはたとえ安くても、家賃が払えなかったり、携帯代が払えなかったりと、すぐにお金が必要な女性が飛びつくことが多いのだとか。

そんな彼女たちと男性との出会いはアプリやSNSが多く、20代以上の女性だけではなく、高校生も「JKビジネス」として愛人契約を結ぶことがあるそう。中山さんが出会った女子高生は、東京の学校に通っているものの、郊外に住んでいるため帰るのが面倒……という理由からホテルを転々としていた女の子。都度払いで「月に40万円ほど稼いでいた」と明かした。その話を聞いたMCの名倉潤ネプチューン)は「(高校を卒業して働くことになった時)アホらしくて普通の仕事できへんで」と嘆いた。

また、店舗のない「お散歩JK」があり、路上でお客さんを捕まえて散歩をする商売があると中山さん。そこには裏オプションがあり「手だったらいくら、口だったらいくら、本番だったら……」と交渉してくるとのこと。基本的にお散歩のついでのため、レンタルルームやカラオケではなく、ビルの隙間や階段の踊り場で行為に及ぶことを明かし、スタジオを驚かせていた。もちろん店の方は「散歩」と銘打っているので管理売春には当たらないという建前があるとのこと。

PICK UP