佐々木蔵之介、ディーン版シャーロックを引っかき回す足手まとい刑事に「芝居のやり合いが楽しみ」

公開:

佐々木蔵之介が、ディーン・フジオカの月9初主演ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~、10月スタート)に出演することが分かった。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』が原作で、オリンピック開催を翌年に控え、かつてない活気に沸く“令和の東京”が舞台。原作の魅力をそのままに、ディーン演じる世界一有名な名探偵“シャーロック”とその相棒“ワトソン”(岩田剛典)という、令和で“外見最強、内面最狂!?”のバディが数々の難事件に立ち向かうミステリーエンターテインメントだ。脚本を手がけるのは井上由美子。ディーンの主演作『モンテ・クリスト伯−華麗なる復讐−』の西谷弘が監督を務める。

今回、佐々木が演じるのは、物語のキーマンの一人であり、“シャーロック”に事件の捜査依頼をする警視庁刑事部捜査一課の警部・江藤礼二。江藤は原作上、レストレード警部にあたるキャラクターで、迷言を連発してシャーロックを引っかき回す、誇り高き“サイテー”刑事で足手まといの役どころ。“シャーロック”とは、いつ頃から知り合いなのか、なぜ捜査に介入させるのかなど、その関係性は謎に包まれている。ノンキャリ出身ながら比較的順調に出世してきたので自身を有能だと思い込んでいるが、サボり癖があり、あっけらかんとしていて詰めが甘く、捜査能力は決して高くない。事件を持ち込んで物語が転がるきっかけを作りつつも、“シャーロック”の捜査を無自覚に邪魔したり、足手まといになったりするため、“シャーロック”にはバカにされたり、その言動に振り回されたりすることが多々ある。それでも関係性を続けているのは、ひとえに“シャーロック”の事件解決力を自分の手柄にするためではあるが、同時に、その天才的な観察眼に一目置いてはいて、どこか“シャーロック”のことは大切な存在であると思っている節もある。

佐々木は、意外にも月9ドラマにはゲスト出演した『ホーム&アウェイ』(2002年)以来17年ぶりの出演となり、レギュラー出演は今作が初めて。「本当にうれしいです」と喜び、「脚本家の井上由美子さん、演出の西谷弘監督とは『白い巨塔』以来の再会です。妥協なく、常に最高を追求するお二人の現場に立ち会えると思うと、今から緊張と興奮が綯い交ぜです」と素直な心境を明かす。

ディーンとは2018年公開の映画『空飛ぶタイヤ』で共演しているが、連ドラとしては今作が初共演。「常人でない美しさと危うさを備えるディーンさんはまさに“シャーロック”です」とディーン版“シャーロック”に太鼓判を押し、「彼を捜査に巻き込み、天才的能力を拝借するのが私の役柄です。一筋縄では済まない芝居のやり合いが楽しみです」と、再共演に期待を寄せる。

また、ワトソン役の岩田とは初共演になるが、「第一話を拝読しましたが、一見、常識人な医師でありながら、内に秘めたる闇を持つ“ワトソン”を岩田さんが演じるのは、とても魅力的で相当に面白いと思います」と胸を踊らし、「スリリングで危険な冒険の旅を、私もお二人と一緒に楽しみます。秋の夜長には、きっとミステリーが合うと思うのです。月曜夜を楽しみにしていただけるドラマになればと思います。『シャーロック』、どうぞご期待ください」とアピールしている。

太田大プロデューサーは佐々木の起用理由について、「江藤という刑事は、“シャーロック”からはその詰めの甘さゆえ、とことんバカにされています。しかし、それでも本人はそれほど気にしていないばかりか、シャーロックがさえ渡る推理力を披露すると“自分もそう考えていた”とのたまうようなチャーミングさがある人です。この絶妙なコメディ感を出せる方として、佐々木蔵之介さん以外には考えられず、熱烈にお願いさせていただきました!」と明かし、「佐々木蔵之介さんに演じていただくことで、鈍感ながらも、いずれは“シャーロック”と“ワトソン”をどこか温かく見守る兄貴分のような江藤刑事が誕生すると確信しており、とても楽しみにしております」とコメントを寄せている。

どこか憎めない、人間味あふれる江藤礼二というキャラクターを佐々木がどのように創造するのか、そして“シャーロック”、“ワトソン”とどんな競演シーンをみせてくれるのか、注目したい。