ISSAが男泣き…DAPUMP、17年ぶりの武道館ライブ開催までの苦難の道のりとは?

公開:

8月1日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)は、「U.S.A.」で再ブレークを果たしたDA PUMPを特集する。

同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡&直撃し、真相を突き止めていく“ジャーナリズムバラエティ”。

DA PUMPは、1997年に沖縄出身の4人組グループとしてデビュー。デビュー曲の「Feelin’Good~It’s PARADISE~」が、人気バラエティ番組のエンディングテーマとして使用されるなど、華々しいデビューを飾り、デビューからわずか1年で『NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。その後は3か月に1枚というハイペースで新曲をリリースし、2001年に発表したベストアルバム「Da Best of Da Pump」が128万枚のミリオンセラーを記録したものの、2005年にリリースした新曲はオリコンランキング19位と低迷。勢いはいつまでも続かなかった。

人気に陰りが見え始めた2006年にメンバーが1人脱退し、3人体制となったDA PUMP。再起を懸け10周年記念ライブを開催することが決定。並々ならぬ決意でリハーサルに挑んでいたリーダーのISSAだったが、彼はそのリハーサル中に「右大腿骨転子下(みぎだいたいこつてんしか)」を骨折、全治6か月の大けがを負ってしまう。復活を期した記念ライブは中止を余儀なくされただけでなく、同じ年にはもう1人メンバーが脱退しDA PUMPはついに2人となってしまう。

デビュー以来、最大の窮地に追い込まれたISSAは自らメンバーをスカウト。2008年にはKENZOをはじめとした現在のメンバー7人が加わり9人体制になったのだが、再スタートから1年ほどで結成時からのメンバーが脱退し8人体制となり、オリジナルメンバーはついにISSAのみとなった。この状況で発表したシングルはわずか2300枚ほどしか売れずにオリコンランキングも46位止まり。2014年にはさらに1人が脱退しDA PUMPは現在の7人体制となる。

スタジオではこの頃の心理状態や懐事情などを、ISSAをはじめとしたメンバーたちが赤裸々に語る。活動の場がなくなっていた当時についてISSAは「自分の中にも色々なことがありすぎた」と明かし、「みんなや事務所に申し訳ない気持ちで合わせる顔がない」と沖縄に帰ってしまっていたという。コミュニケーションさえ取れないリーダーのISSAにメンバーの不満は爆発寸前。解散という選択肢も十分考えられる中メンバーはいったいどんな気持ちでいたのか? そしてメンバーがISSAを囲んで集結、勇気を振り絞ってISSAにぶつけた言葉が明かされる。番組では、この当時のDA PUMPを独占取材したフジテレビの秘蔵映像を公開。そこにはプライドを捨てどん底からはい上がろうとするISSAが、人目を気にせず男泣きする姿があった。

また番組は、先月アメリカ大使館で行われた「独立記念日パーティー」に初めてテレビカメラを入れることを許され、日本の芸能人として初めて招待されたDA PUMPに密着。さらにDA PUMP全員の夢であった、17年ぶりの武道館ライブの舞台裏も独占取材。ライブ前日の深夜まで舞台の確認を続けるISSAの姿、DA PUMPを20年以上にわたって見守り続けた大物アーティストの存在、初めての武道館ライブに臨むメンバーの表情などを捉えていく。「U.S.A.」の大ヒットで夢をかなえたDA PUMPの知られざる栄光と挫折、メンバーたちの葛藤、そして復活まで、貴重な秘蔵映像と新たな独占取材映像で描かれる秘話の数々に注目だ。