詐欺、覚醒剤…女子刑務所から仮出所する3人に密着「こういう現実を見て何かを感じてもらえたら」

8月2日(金)の金曜プレミアムは、『今日、刑務所を出ます~やり直したいオンナたち~』(フジテレビ系、20:00~)が放送される。番組進行は、伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)と宮澤智(フジテレビアナウンサー)が担当。ゲストに、カンニング竹山くわばたりえ池田美優、鈴木裕也(医師)、鈴木淳也(弁護士)、ケイコ(NPO法人 岐阜ダルク)、を迎える。放送を前に、ウエマツヨシキ(UBURU)プロデューサーからコメントが到着した。

日本では毎年数万人の受刑者が、刑務所から社会に出ている。出所する人々には、当然のことながら一人ひとりの人生があり、様々な事情を抱えて生きている。そんな出所者たちが刑務所から社会に出た後にいったいどのような生活を送り、どのようにして人生を再スタートさせているのだろうか? この番組では、日本全国78ある刑務所のうち11か所あるという女子刑務所から仮出所する3人の女性達に、総密着日数553日間もの長期密着を行い、日本のテレビカメラとして初めて、受刑者の姿を刑務所の中から外に出るまでの一連を追った。

恋のもつれで摂食障害になり、その結果、万引きをやめられなくなった窃盗の常習犯、親友から1.4億円もの金をだまし取った詐欺師、17歳で出産後、5度に渡って刑務所に入った覚醒剤の常習犯……。3人の女性がそれぞれ犯した様々な罪で刑に服し、そして社会に出ることになった女性たちにはいったいどのような人生が待っているのだろうか。553日にも及ぶ長期密着、データにして数十テラバイト分の素材をつなぎ合わせることでその壮絶でリアルな姿が見えてきた。

放送を前に、ウエマツヨシキ(UBURU)プロデューサーからコメントが到着。今回の企画を立ち上げたきっかけについて、ウエマツ氏は、「もともと教誨師(きょうかいし)という仕事に興味を持っており、取材対象として追っていた時期があるのですが、その取材を通して受刑者に触れ合う機会が増えていく中で、受刑者たちそのものに焦点を当てた番組を作りたいなと思うようになりました。ある時、東北の女性刑務所で出所する女性たちを見ていた時、とある女性が迎えに来た家族と再会するシーンに出くわしました。夫らしき男性とともに、小さな男の子が“ママ〜”と叫びながらその女性に飛びつき、その子に向かって“ごめんね、ごめんね”と謝り続けている女性を見て、その場面が頭から離れませんでした。どんなに重い罪で服役していたにせよ、その“ごめんね”という謝罪の気持ちにうそ偽りはないのだろう、と考えていくうちにその家族がその後どういう会話をし、どう生きていくのかを見届けてみたいなと思うようになりました。一度道を外れてしまった人間がどのように立ち直っていくのか、あるいは立ち直ることができるのか、それを知りたいなと思ったのがきっかけですね」とコメント。

また、密着撮影を通して気をつけたことについて「一番気をつけたのは、ニュートラルにいることです。どうしても取材対象者と長期間一緒にいると、彼女たちが一般的には間違ったことを言ってしまったり、行動をしたりしそうになるところを目にすることがあったのですが、なるべくそういったことを指摘して批判したり、叱ったり、あるいは寄り添い過ぎたりしないように気をつけました。彼女たちもそれぞれの価値観やそれぞれの判断の中で行動しているので、できる限りそれを尊重しなくてはいけないなと自分に言い聞かせていました」と明かした。

最後に、番組で取材した3人の女性については、「彼女たちなりの尺度で良いので、一歩一歩前に進んでもらいたいです。救ってあげたいなんて大それたことは思いませんが、今後の彼女たちも見続けていければなと思いますね」とメッセージを寄せた。

密着した3人は順調に再出発したかのように見えたのだが、様々な展開が……。最後まで目が離せない!