NBAプレーヤー、八村塁に密着!苦しんだ大学時代とは?『情熱大陸』

7月28日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)では、21歳で日本人として史上初の快挙を成し遂げたNBAプレーヤーの八村塁に密着する。

世界No.1のプロバスケットボールリーグ「NBA」のドラフトが先月アメリカのニューヨークで開催。対象は全世界の19歳以上の選手だが、名前を呼ばれるのはわずか60人という狭き門だ。会場はバークレイズ・センターで、NBAブルックリン・ネッツが本拠地とするアリーナ。その盛り上がりは、アカデミー賞さながらだという。

そんな華やかな舞台で、八村はドラフト一巡目となる9位指名をもらい、ワシントン・ウィザーズへの入団が決定。日本人選手として一巡目に指名されるのは、史上初の快挙だ。1年目の年俸は4億円超えといい、八村は絵に描いたようなアメリカンドリームを掴んだ。

富山県生まれの八村は、小学生の頃は野球に没頭していたが、中学で友人から勧められたバスケットボールを始めるとすぐに夢中に。いつしか、将来の夢はNBAプレーヤーになったという。

アフリカ・ベナン出身の父と日本人の母を持ち、両親から授かった身体能力で、高校時代から頭角を現し、全国的に注目を浴びる。その後、NBAを目指しアメリカのゴンザガ大学へ進学すると、チームのエースとして活躍。全米でポジション別の最優秀選手に選ばれるなど、輝かしい経歴を重ねてきた。

今回番組では、八村の高校時代から苦しみながらも実力をつけた大学時代、そして、この夏にNBA選手としてサマーリーグに挑む姿までに密着。バスケ少年が夢を叶えるまでの時間とNBAプレーヤー八村のスタートに迫る。

PICK UP