なにわ男子・高橋恭平、嵐・相葉雅紀の高校生時代役で『絆のペダル』出演!

8月24日(土)に『24時間テレビ42』(日本テレビ系)内で放送される相葉雅紀主演のドラマスペシャル『絆のペダル』に、いま人気急上昇中のなにわ男子関西ジャニーズJr.高橋恭平が、相葉演じる主人公・宮澤崇史の中高生時代役として出演する。

同ドラマは、実在する自転車プロロードレーサー・宮澤崇史(相葉)とその母の絆の実話をもとにした物語。これまで崇史を信じ、支え続けた母・純子役で薬師丸ひろ子、ドラマオリジナルキャラクターで崇史が所蔵する実業団チームのマネージャー・椎名優希役を波瑠。そして崇史の生涯のライバル・新谷圭吾役を田中圭が務めることが明らかになっていた。

高橋演じる崇史の中高生時代は、主人公が一生を賭けて情熱を傾ける「自転車」に出会いその才能を発揮していく、いわば物語の柱となる始まりの大切なパート。高橋はときに仲間たちと笑い、ときに悔し涙を流し成長していく主人公の姿を瑞々しい存在感で演じ切った。

さらに、ロードバイクに乗った経験はまったくなかったという高橋だが、抜群の体幹とセンスで自転車監修スタッフも驚くほど短期間で上達。ダンシング(立ち漕ぎ)といわれる、専門的な操車技術も見事に習得し、ロードレースシーンをリアリティがあるものにする演出に一役買ったという。

そんな高橋は「毎年ずっと『24時間テレビ』を見ていたので、スぺシャルドラマに出演できることについて嬉しい反面、正直いろいろなコトを考えました」といい、本作は初めてのドラマ出演になるが、「足を引っ張らないように……という怖さと緊張感はありましたが、やっぱり何より一番は“なにわ男子” を代表して、このドラマに出演できることを誇りに挑みました!」と心境を告白。

初挑戦を終え、「役を演じてみて、色々なアドバイスを監督さんから頂けたり、 現場でもスタッフさんがすごく優しくて、ドラマの話や世間話でも盛り上がったりと幸せな経験をさせてもらいました」と感慨深い様子。また、ロードバイクについても「とても貴重な経験でした!!『才能がある!』とバイクの先生に言って頂けたり、冗談であっても『バイクの選手いけるぞ!』と言葉をかけてもらったおかげで、めちゃくちゃ頑張れました!」と振り返り、「『絆のペダル』を是非みなさんにリアルタイムで見て頂きたいです!」とコメントを寄せている。

相葉演じる青年時代につながる高橋の演技に注目したい。