神田松之丞が初参戦!オーディションを勝ち抜いた新星も『人志松本のすべらない話』

公開:

7月27日(土)21時からの土曜プレミアムは、松本人志をはじめとする実力派芸人たちが、すべらないトークを武器に、実力伯仲の真剣勝負を繰り広げる“お笑い総合格闘技”『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)が放送される。

「人は誰も1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである」がコンセプトの同番組は、2004年12月28日に深夜番組として始まり、今回は34回大会となる。

今回、出演するのは、松本、千原ジュニア宮川大輔木村祐一稲田直樹アインシュタイン)、神田松之丞小峠英二バイきんぐ)、粗品霜降り明星)、大悟千鳥)、出川哲朗塙宣之ナイツ)、バカリズムの12名で、神田が唯一の初出場となる。また、今回は番組収録に先駆け、芸人400名以上による「最終オーディション」を開催。その「最終オーディション」を見事に勝ち上がった小林メロディブリキカラス)も参戦する。前回、初出場にして見事にMVS(Most Valuable すべらない話)を獲得した稲田や、勢いに乗る粗品がどんな“すべらない話”を披露するのかに注目だ。

小林メロディからコメントが到着。以下に、紹介する。

――(最終オーディション終了後)『人志松本のすべらない話』に出演が決まった、今の気持ちは?

喜びたいんですが、まだ喜ぶところまでいってなくて、恐怖の方が勝っています(笑)。正直、今回の“最終オーディション”は事務所に行かされた形だったんですが(笑)、“最終オーディション”に出場された皆さんがとても面白かったので、その中で勝ち上がることができて本当にうれしいです。これまでの人生で何かに勝ったことがないので、感情の置き所が分からないですし、今、何を言ったら良いか分からないです(笑)。

――『人志松本のすべらない話』本番に向けた思いや意気込みは?

すごく光栄です。選んで頂いてうれしいですけど、“ミスをしても怒らない”ことを約束してほしいです(笑)。芸歴6年目ですけど、MVSを目指して頑張りたいです。