遠藤憲一、58歳の誕生日サプライズに「すっかりオヤジになりました」と照れ笑い

公開:

遠藤憲一が主演するオトナの土ドラ『それぞれの断崖』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、8月3日からスタートする。この度撮影現場で、6月28日に58歳となった遠藤のバースデーサプライズが行われた。

同ドラマの原作は社会派ミステリーの名手として知られる小杉健治の同名小説。遠藤演じる志方恭一郎(しかたきょういちろう)の中学生の息子・恭介(渡邉蒼)が、13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く社会派人間ドラマだ。撮影が始まったのは6月下旬で、都内のスタジオ内に作られた志方家をメインに順調に進んでいる。

この日は、恭一郎が勤める会社のシーン等の撮影が、ロケ先で行われていた。午前の撮影が終わった直後、突然「ハッピバースデ~」と歌い出すスタッフたちに「え、まさか!?」と驚く遠藤。そこに志方家の家族写真が入ったバースデー・ケーキが運ばれてきた。ケーキは、スタッフが特別に手配し、徳島から届いた“フォトケーキ”だ。

受け取った遠藤は「すみませんね。しかもこんな58歳に(笑)。すっかりオヤジになりましたけれども誕生日をやっていただいてありがとうございます。まだ撮影は始まったばかりですが、全力で頑張りますので、よろしくお願いします」とあいさつ。自らもケーキを写真で撮るなど、思いかげない心づくしの贈り物に喜んでいた。

ケーキに使われた写真は、「夫婦の銀婚式に家族で撮った」という設定の元、クランクイン初日に撮影したもの。緊張からか少しポーズや笑顔が固い子供たちに「もっと近づいて、ワッと笑おう!」と声をかけた遠藤。それでもまだ笑顔が足りないと感じたのか、いきなり「ウンチ!」と叫ぶと全員が大爆笑。「小学生か!」と自らツッコミを入れる遠藤だったが、見事に笑顔はじける1枚となった。この写真は、小道具として志方家のダイニングに飾ってあるので、ドラマを見て是非チェックしてみては?

さらに、今回志方家のリビング・ダイニングが公開。“郊外の一軒家”とは言え、余裕を感じる広さや家具に“高卒で部長となった志方”の努力と誇らしさが垣間見える。スタッフいわくソファは「座るのも気が引けるほどの高級」だとか。少年事件をきっかけに、被害者家族と加害者家族の崩壊と再生、そして愛憎をあぶりだす骨太かつ戦慄の人間ドラマに注目が集まる。

<遠藤憲一 コメント>

――撮影を1週間終えての感想を教えてください。

手探りで監督やスタッフさんといろいろ話しながら、より良いものにしていくために必死の状態です。あっという間に1週間が過ぎてしまったという感じです(苦笑)。

――『それぞれの断崖』の印象は?

この作品は重厚で、ある意味特殊(なジャンル)だと思っています。なかなかこういうのはできるチャンスはないので、ありがたいことです。

――ちなみに、お誕生日は毎年何かされていますか。

明日はそうだなとか一応気にはなるけど、今年は特に何も……。こうして現場でやっていただく分、夫婦とは何もやってないです。ここ数年、何もしないというのにも慣れてしまったかもしれない(笑)。昔、友だちが知り合いをたくさん集めてライブハウスみたいなところでサプライズの誕生日会をやってくれた時があり、恥ずかしい気持ちのほうが勝ってしまった思い出があります(笑)。でも、こうして現場でちょっとだけやってくださるのは嬉しいですよ。

――俺もこういう年齢になったか、など考えるほうですか?

時間がないと思ってきました。なんとなく持っている夢があと2つぐらいあって、口には出さないけど時間がなくなってきたなって。そんなに大それた事ではなく地味な夢ですが、実現できるように、本気に来年からちょっとやらなくてはダメだなとは思っています。

――ドラマを楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

(妻・志方雪子役の)田中美佐子さん、そして加害者の母で志方が惹かれてしまう八巻はつみを演じる田中美里さん、僕らの三角関係みたいなものがどうなっていくのか、のぞき見して欲しいですね。