「整形女子の一番人気は、セクシー女優の明日花キララ」高須クリニック院長の息子が告白

公開: 更新:

高須クリニック・高須克弥さんの息子で美容外科医の高須幹弥さんが6月13日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。近年の整形事情や悪徳業者の見分け方を明かした。

美容整形初心者(=整形ヴァージン)は悪徳業者のターゲットになりやすいと高須さん。整形ヴァージンは、広告で安いと思ったクリニックへ行きがちで、悪徳業者は、そうした方に広告とは違う高い料金を勧めてきがちだという。MCの名倉潤は、美容整形をしたいと訪れる人は「施術を受けよう」と決めて来ているため「ローンでやるか」とつい思ってしまうのだろうと予想した。高須さん曰く、クリニックを選ぶ基準として、施術をする医者のキャリアが10年以上ある人を選んだ方が失敗しにくいとのこと。美容整形や形成外科のキャリアが10年以上ないと一人前にはならないため、ベテランの方が安心だと説明した。

また、日本の整形女子の間で流行っている顔についてトークを展開。高須さん曰く、セクシー女優の明日花キララが一番人気とのこと。明日花は、目が大きく、2重が幅広く、鼻もほどよく高さがあるということで、パーツがはっきりしている顔になりたいという思いが強い女性に人気なのだという。ゲストの神田うのが「その方は整形されているんですか?」と直球質問をすると「分からないです。守秘義務があるので仮に知っていても言えないです」と返した。

ほか、美容整形に3000万円以上つぎこんだという、元すすきのナンバーワンキャバ嬢の椿朋海さんも登場。現在40歳の彼女だが、18歳から整形を繰り返し、顔だけで2000万円使ったとのだとか。切る、縫う、注射、レーザーなど、それぞれ100回以上したと聞いた名倉は「大仁田厚さんより多いやん」とツッコミを入れてスタジオを笑わせた。そうして整形を繰り返すようになったのは、昔から母親に「不憫な子」と言われ続けていたためとのこと。その言葉が頭に残り「自分はブスなんだ」と思うようになったという。