溝端淳平演じる洋輔が豹変!犯行を疑う雛形あきこの首を絞め…『仮面同窓会』第3話

溝端淳平が主演を務めるオトナの土ドラ『仮面同窓会』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第3話が、6月15日に放送される。

本作は2016年より始まった「オトナの土ドラ」の記念すべき20作目の作品。高校時代の親友4人(溝端、佐野岳木村了廣瀬智紀)が体罰教師の樫村(渡辺裕之)への仕返しとして催した「仮面同窓会」が、思わぬ展開から殺人事件に発展。互いが疑心暗鬼に陥る中、隠された秘密が次々に明らかになり、新たな殺人事件が起きるというクライムストーリーとなっている。

前回の第2話では、樫村の愛人・加奈子(雛形あきこ)が、樫村が殺害されたのは洋輔たちの犯行と疑い、マンションにやってくる。最初は適当に話をそらしていた洋輔(溝端)だったが、18年前に起きた兄の事故死を問い質された瞬間に態度が豹変し、鬼の形相で加奈子の首を絞める! SNS上ではこのシーンに対して「洋輔は二重人格なのかな……」「鳥肌!!!」「溝端クンの緩急のある演技(顔技)お見事です」などの声が上がっていた。

また、第2話でも希一(佐野)と加奈子のお色気シーンは健在。希一が加奈子の黒ストッキングを乱暴に破るシーンがあり、佐野は自身のInstagramで「#パンスト俳優」とタグ付けしている。

<第3話あらすじ>
前日の出来事を引きずった洋輔(溝端)は、会社でも動揺を隠せない。するとそんな様子を咎めた上司に対し、洋輔は再び我を忘れ掴みかかってしまう。周りに唖然とされ、その場にいられなくなり、トイレへと駆け込み呆然自失となる洋輔。

翌日、洋輔は八真人(廣瀬)を呼び、最近の希一(佐野)の行動に疑いを投げかける。しかし、八真人は逆に希一、和康(木村)の2人が洋輔に嵌められたと思っているので、互いに疑っても得はないと忠告する。

希一への疑惑は晴れたが、いったい事件の真相は何なのか? 悶々とする日々を送る洋輔に、美郷(瀧本美織)からSOSが。仕事を切り上げ急いで美郷が勤務する病院に駆けつけた洋輔がそこで目にしたのは……。