山口智子、ロンバケ以来23年ぶりの月9出演に「幼なじみに再会したよう」『監察医 朝顔』にマッシュボブの教授役で登場

女優の山口智子が、7月8日からスタートする上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)に出演することが決定した。山口が月9ドラマに出演するのは、1996年に放送された木村拓哉とのW主演作『ロングバケーション』以来、23年ぶり。山口は本作で、法医学の権威・夏目茶子(なつめちゃこ)を演じる。

本作は、原作・香川まさひと、作画・木村直巳による同名医療漫画を大きくアレンジしたヒューマンドラマ。上野演じる心優しい新米法医学者・万木朝顔と、時任三郎演じる朝顔の父でベテラン刑事の万木平が、タッグを組み、様々な遺体の謎を解き明かしていく。

山口が演じる茶子は、朝顔が勤める興雲大学法医学教室の主任教授であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった憧れの人物。一つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるということを常に意識して仕事に取り組んでおり、たとえどんな状況に陥っても、どんな遺体を前にしても冷静沈着に、非の打ち所のない仕事をすることで知られている。

一方で、法医学の権威でありながら、その言動は自由奔放で神出鬼没。「明日、死ぬかもしれない」がモットーで、困難な仕事を抱えていてもプライベートと仕事は完全に別物と割り切っている。年齢不詳の謎多き女性で、朝顔はもちろん、朝顔の父・平とも長年の親交を持っており、東日本大震災で母を失った万木家にとっては、まさに“心強い姉”のような存在だ。

山口は、自身の演じる茶子というキャラクターについて、「原作の茶子は、一見キノコの妖怪のような風貌で(笑)、超個性的で強烈な存在感です。死というものに日々向き合っているからこそ、人の100倍濃密に生きようとするたくましさと、今この一瞬を輝かせようとするバイタリティは圧倒的です」と説明。そして、「太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指します」と意欲を燃やした。

また、23年ぶりの月9出演については、「去年、木村拓哉さんと22年ぶりに共演させていただいたのですが、まるで2分くらいしか時が経っていないような感じで(笑)。『監察医 朝顔』と『ロングバケーション』はドラマのテイストは違いますが、“月9”という言葉には、離れていた時間を感じさせない、幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、ほっとする親近感を覚えます」と、その思いを告白。

最後に視聴者へ向けて、「このドラマでは、謎の死を遂げた人々の人生や、東日本大震災の悲劇にも、正面から向き合ってゆきます。背を向けず、忘れず、悲しみや心の傷をどう新しい一歩への力へと変えてゆくか。死から“生”を学ぶ感動の道を、みなさんとご一緒できたら嬉しいです」とメッセージを寄せた。