小川彩佳『NEWS23』初回前の心境を語る「可能性を広げる種を蒔いて育てたい」

公開:

フリーアナウンサーの小川彩佳が、6月3日(月)放送回から『NEWS23』(TBS系、毎週月~木曜23:00~/毎週金曜23:30~)のメインキャスターに。初回の放送を前にして、小川アナが今の心境を語った。

前述の通り、6月3日の放送から、小川やアンカーの星浩に加え、フィールドキャスターに村瀬健介記者、スポーツコーナーに石井大裕TBSアナウンサー、サブキャスターに山本恵里伽TBSアナウンサーというメンバーで一新する同番組。

小川は「ようやく“実感”というものが湧いてきました。スタッフの皆さんと打ち合わせなどをする中で、 少しずつ番組のかたちが見えてきて、徐々に腹をくくれているという感覚です」と率直な今の思いを明かし、「メインキャスターという役割をいただきましたが、あくまで番組の主役はニュース。どのように丁寧に分かりやすくニュースを伝えていくのか、そこに主眼をおきながら、アンカーの星浩さん、山本アナ、村瀬記者、そしてスポーツの石井アナという心強いメンバーと力をあわせて取り組んでいきたいと思っています」と意気込みを語った。

また、「これまで報道番組を中心に携わってまいりましたが、それだけで実績といえるとは思っておりません。現場経験も乏しく、30代前半という年齢で語れる言葉の厚みも、限られていると自覚しています」と今の自分を冷静に分析し、「だからこそ、この番組の中で現場取材も積み重ねていきたいと思っております。自分の目で見て、感じて、自分の頭で考える。その積み重ねの中で抽出された言葉が、聞く方の心の琴線に触れた時に初めて『この人が語ることなら耳を傾けよう』と思っていただけると感じています。少しずつでも信頼していただけるキャスターになっていけたら、という思いです。23時という一日の終わりに、視聴者の皆さんがちょっとホッとしつつ、新たな視点や新しいものの見方に触れられる番組にしていきたいです」と抱負を明かす。

さらに、「今、インターネットの力で世界が広がっているはずなのに、私自身も、意外と自分が好きな情報にしかアクセスしなかったり、自分の価値観に沿う記事だけを読んだりしているという実感があります。でも、外にはもっと視野や可能性を広げてくれる何かがあるかもしれません。そういう可能性を広げる種を、この番組でたくさん蒔いて、育てていけたらと思っています」とコメントを寄せている。小川アナがどんなキャスターぶりを披露するのか、注目が集まる。