マツコ、独自の恋愛論を語る「長く付き合ったカップルは別れるよね」

公開:

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:20~ ※一部地域を除く)。5月23日の放送では、2018年春に放送した回の再編集版が流れた。

毎年、同番組では桜巡りを行っている。その中で、東京・町屋で働く恵美さんからおすすめスポットの投稿があり「カラオケ『ビート』に遊びに来てください。そこで働いています」との記述が。マツコは桜を見に行くついでに、彼女に会いに行くことにした。

マツコが店を訪れると、すてに恵美さんは退勤していたため、呼び戻してもらうことに。すると、彼氏と一緒にやって来た。彼女はマツコのことを「親子揃って好き」だと言い、近所に住む両親も呼んだという。そうして話していくうちに、彼氏との交際歴が約8年(当時)であることが発覚。マツコは「早く結婚した方がいいよ。長く付き合ったカップルは別れる」と言い、婚期を逃してしまうと、10年ほど交際していても別れてしまうと諭す。マツコが「早く結婚しろよ」と勧めるも「ゆくゆくは」とのらりくらりとかわす彼氏。マツコは「別れる感じの前兆」と揶揄しつつ、恵美さんに「あんたがグイグイいくしかない」と後押し。恵美さん自体は結婚したい旨を伝えているものの、なかなか結果に結びつかないことが明かされた。

彼氏は、彼女の家族に旅行をプレゼントしたり、一緒に温泉に行ったり、さらには、恵美さんの両親の誕生日や父の日・母の日などには必ずお祝いをしてくれるという。恵美さんの父親は「ものすごい優しいし、思いやりがある」と涙ぐみながら彼の印象を語っていた。

2019年版の桜企画でも恵美さんから手紙が来たのだが、結局行けずじまいだったマツコ。恵美さんから手紙が届き「彼氏も元気にしています」との報告が。しかし「10年目に入りましたが、2人には桜が咲きませんでした」と残念な報告が綴られていた。いとこと弟が結婚することになったそうで「来年マツコさんに良い報告ができるように頑張ります」とのこと。マツコは彼女たちの気持ちを汲み取りつつ「今の時代は結婚だけが形じゃないですからね」とコメントしていた。