元女子プロレスラー・豊田真奈美、試合中にお漏らしの過去を告白「おしっこジョージョーにチビっちゃった」

元女子プロレスラーの豊田真奈美が、4月27日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「岩下の新生姜にドはまりしていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム指原莉乃博多大吉

「飛翔天女」の異名を持ち、90年台の全日本女子プロレスの人気を牽引。2017年に惜しまれつつも現役を引退した豊田が、現在、「岩下の新生姜」にドはまりしていることを明かした。晩酌のお供は、毎晩ほぼ新生姜。その“新生姜愛”は、次第にエスカレートしていき、今では、ステーキやカレーうどんにも、新生姜をたっぷりと付け合わせるのだとか。

豊田は、「何にでも合うんです、新生姜」「こんな神な食材ってあるんだな」と“新生姜愛”を熱弁。スタジオに登場すると、「昔から生姜が好きだったんですけど」と、“生姜遍歴”を語り出し、出演者を笑わせた。

プロレスファンでもある有吉は、コンビニにお願いして新生姜を置いてもらったという豊田の庶民的なエピソードを聞き、「そんなイメージないですね。昔から、本当に美人のレスラーで、天才と呼ばれたような人ですけど」と指摘。そして、豊田に「印象に残っている試合はありますか?」と尋ねる。

豊田は、これまで一番印象的だったのは、アジャ・コングとの試合だと打ち明け、コーナーポストから“雪崩式水車落とし”という技をかけられ、その衝撃でお漏らししてしまったことを告白。豊田は、「内臓から絞り出される感じで、おしっこジョージョーにチビっちゃった」と振り返って、出演者を驚かせた。

そのときは黒いコスチュームを着ていたため、観客にはバレずに試合を続行。有吉は、「ちょっと興奮している自分がいる」とプロレスファンならではの心境を打ち明け、笑いを誘った。

また、当時の恋愛事情を聞かれると、女子プロレスラーには、酒・たばこ・男の“3禁”が課せられており、まったくモテなかったという豊田。さらに、現在も独身で、有吉が「タイプはどんな人ですか?」と聞くと、豊田はバカリズムの名前を挙げ、「周りは男子レスラーでイカツイ男ばっかりじゃないですか。だから、笑った顔が可愛い人が好き」とその理由を説明した。

かつて、同じ女子プロレスラーの長与千種にも好意を寄せられたことのあるバカリズムは、「俺、やべぇ人にすげーモテる」と困惑。すかさず豊田に、「やばくないですよ!」と反論されていた。

そして、バカリズムは、豊田の「新生姜をあ~んして食べさせてください」というリクエストを実践。大きめの新生姜をバカリズムに食べさせてもらった豊田は、「今まで食べた新生姜で一番おいしい」と笑顔を浮かべていた。

そんな豊田への禊は、「今日のギャラは新生姜」に決定。スタジオに運び込まれる山盛りの新生姜に喜びつつも、「お金はもらえないんですね」とやや不満げの豊田だった。

番組にはこの他、ファッションモデルの梨衣名が登場。「おばあちゃんのおっぱいに夢中になっていること」を反省した。

PICK UP