田中圭『あなたの番です』での年下旦那“ワガママ発言”が反響「めんどくさカワイイ」

田中圭原田知世がW主演を務めるドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話が、4月21日に放送。田中の“ある力説”に視聴者が戸惑う一幕があった。

本作は、4月から9月にかけて日本テレビでは25年ぶりとなる2クール連続で放送される大型ミステリー。原田と田中が演じるのは、都内のマンションに引っ越してきた年の差新婚夫婦の手塚菜奈・翔太。幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく。

前回までに、マンションの住民会に参加した菜奈が、ひょんなことから住民らと“殺したい人”を紙に書いて箱に入れ、全員がその箱から1枚紙を引き、住民の誰かが殺したいと思っている人物の名前を1人だけ知ることができる……というゲームを行った。その後、管理人・床島比呂志(竹中直人)がマンションから飛び降りて死亡するというショッキングな展開で第1話が終了した。

自殺か他殺か住民が戸惑う中、菜奈は、翔太にゲームがあった事実をうまく隠しながら、再び住民会に参加。ゲームで使われたとされる「管理人さん」と書かれた紙が発見されると、誰が書いたのか、誰が殺したのか住民は疑心暗鬼になっていた。

そんなある日、翔太が自宅で見知らぬコーヒーメーカーを発見する。菜奈が気分転換に3万円で購入したという。デザイナーの仕事で成功している彼女が「私が(全額)払う」と話すも「2人のものだから」と拒む翔太。夫婦の間で収入の差があるものの、翔太に気を遣って、菜奈が買いたいものを買えないのは「嫌だ。その気遣いは悲しい」とつぶやく。しかし、まったく気遣いがないのも困ると言う彼に、菜奈は「どうすれば?」と困った様子をみせた。

翔太は最初から自分の収入に合わせたものを欲しがってほしいとし、今回の件であれば「“5800円のコーヒーメーカーが欲しかった”って言って! つまり、俺にバレないように気を遣ってください!」と懇願する。菜奈は「それでもいいの?」と質問。翔太はバレる気遣いは「ウソ」、バレない気遣いは「優しさ」と言い「その優しさが3つ溜まると愛になる。逆に言えば愛さえあれば優しい気遣いが3回できる」と力説した。彼の言葉を聞いた菜奈は「結婚して良かった」と幸せそうにつぶやいていた。

そんな翔太と菜奈のやりとりに、インターネット上では「翔太めんどくさカワイイ」「年下旦那ってめんどくさい。でもカワイイ」との声が。また、その後に新たな展開を迎えた本作については「推理が楽しくなってきた!」とのコメントもあった。