木村佳乃、この春オススメ鉄道旅を満喫!旅のお供「駅弁」をめぐる物語に迫る

公開: 更新:

所ジョージ木村佳乃久保田祐佳アナウンサーがMCを務め、社会の片隅で起きている、小さいけれど見過ごせない“事件”の意外な真相を徹底調査する教養番組『所さん!大変ですよ』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。4月11日は、「この春オススメ鉄道旅 人気駅弁が続々登場」と題して、最近、シニアを中心に人気となっている「弾丸☆駅弁旅」を木村が調査する。

木村は、駅弁漫画の監修もつとめる“駅弁の達人”こと鉄道フォトジャーナリスト・櫻井寛氏の案内で、博多から鹿児島まで列車を乗り継ぎながら、名物駅弁を堪能することに。創業125年の鮎料理専門店特製の「鮎駅弁」や、地域を危機から救った“奇跡の駅弁”が登場。また、車窓からは清流・球磨川や日本三台車窓のひとつなどが楽しめ、この春オススメの旅情報もたっぷりと紹介する。

一方、駅弁事情を調べてみると、新幹線や特急など、鉄道の高速化に加えコンビニの増加などが影響し、駅弁業者の数は急速に減少していることが判明。その数は、およそ100社で、50年前の4分の1に満たないという。昨年廃業した駅弁業者は、「駅弁は日本人にとって必要ないものになりつつある。このまま消える運命」と寂しく語るが……。日本人の旅のお供「駅弁」をめぐる物語に迫っていく。