水川あさみ「シュッ!」と大歓迎!?“ヘイヘイドクター”しゅんP『白衣の戦士!』宣伝大使に就任

中条あやみ水川あさみがW主演を務める新ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系、4月10日スタート、毎週水曜22:00~)の宣伝大使を、医者芸人・しゅんしゅんクリニックPが務めることがわかった。

同作は“白衣の天使”という名の“戦士”たちが、病院という“命の現場”で、笑って、泣いて、成長する痛快ナースコメディ。中条は、元気で明るく情に厚い、失敗してもくじけない元ヤンの新米ナース・立花はるかを、水川は、はるかの指導係であり、姉御肌の頼れるベテランナース・三原夏美を演じる。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系、毎週土曜23:10~)でもおなじみの医者芸人・しゅんしゅんクリニックP(以下「しゅんP」)は、現役の医者として普段は病院で患者と向き合う一方、ピンのお笑い芸人としても活動している「医者芸人」。特に、病院にまつわる“あるある”をオリジナルのダンスとともに歌い上げる「ヘイヘイドクター」というネタで、YouTubeでは、260万回以上再生されるなど、SNSを中心に話題となっている。今回、『白衣の戦士!』の宣伝大使に抜擢されたしゅんPは、ついに中条・水川との対面を果たした。

しゅんPは、「しゅんしゅんクリニックPです! よろしくお願いしまシュッ!」と、自身の代名詞のギャグを披露。以前、番組収録で会ったことのある中条は、「お久しぶりです」と満面の笑み。一方、水川は初対面だったが、以前からインスタグラムを通じて、しゅんPを知っていたようで「ヘイヘイドクターの人ですよね!? 知ってますよ! シュッ!」としゅんPの宣伝大使就任を大歓迎。2人の前で『白衣の戦士!』用に作ったナースのあるあるネタである「ヘイヘイナース」を披露。水川から「これからの撮影で参考にしたいと思います!」と打ち解けた3人。当番組の宣伝大使を務めることも中条・水川から公認されたしゅんP。これからの彼の努力次第で、一緒にコラボ動画が誕生するかも!?

<第1話 あらすじ>
はるか(中条)は、四季総合病院・外科病棟で働き始めたばかりの新米ナース。実は“元ヤン”で、度胸と根性には自信があるはるかだったが、やる気が空回りしがちで、指導係の夏美(水川)から叱られてばかり。しっかり者の同期・斎藤(小瀧望)とは差がつく一方だ。

そんなはるかが初めて担当することになった患者は、腸閉そくで入院中の高校生・潤也(鈴木仁)。潤也は、病院でタバコを吸おうとしたり、医師の柳楽(安田顕)の指示を無視して固形物を食べようとしたりと、問題行動ばかり起こしていた。はるかは思わず潤也とバチバチになるが、看護師長の本城(沢村一樹)から、潤也の母・智子(富田靖子)がほとんど面会に来ていないことを聞かされる。潤也の反抗的な態度の原因が母親にあるのではないかと思ったはるかは、智子の職場へと乗り込んでいくが……。

一方、「35歳までに結婚退職!」を目標に婚活に励んでいた夏美は、ハイスペックなお見合い相手・里中(田中幸太朗)からデートに誘われて有頂天に!「結婚したら仕事は辞めて家庭に入ってほしい」という里中の言葉に、二つ返事で承諾してしまう。そんな中、潤也が病院からいなくなってしまう。