安達祐実、父殺しの容疑者役に!?『神酒クリニックで乾杯を』凄腕医師らが密室殺人事件に挑む

公開: 更新:

安達祐実が、3月16日に放送される三浦貴大安藤政信がW主演のドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東、毎週土曜21:00〜)第8話にゲスト出演。安達は森本レオ演じる末期がんを患う建設業界トップ社長・小笠原雄一郎の長女・市子を演じる。

本作は、2018年本屋大賞で第8位に輝いた今最も勢いのある作家で現役医師の知念実希人の人気シリーズ小説を原作としたるノンストップ痛快メディカルミステリードラマ。外科医・九十九勝己役の三浦と、「神酒クリニック」院長・神酒章一郎役の安藤のほか、看護師・一ノ瀬真美役を山下美月乃木坂46)が。「神酒クリニック」の凄腕医師として、産婦人科医/小児科医として働く夕月ゆかり役を松本まりかが、超人的な記憶力と知性を持つ内科医・黒宮智人役を柳俊太郎が、少年のようなルックスを持ち人の心を読むことができる精神科医・天久翼役を板垣李光人が演じる。

<第8話あらすじ>
末期の膵臓がんを患う小笠原(森本)は、愛人の息子が行方不明になっていることで心身衰弱気味。心配した神酒(安藤)らは、隠し子探しをする事に。勝己(三浦)、ゆかり(松本)、翼(板垣)は小笠原の看病を続けるが、人里離れた洋館で小笠原が毒殺される。

そこで、長女・市子(安達)ら3姉妹に事情を聞くが、翼の読心術を使っても犯人は分からない。誰が犯人なのか? クセ者凄腕医師が密室殺人事件に挑む!