口内炎、なかなか治らない場合は放置しないで!『チョイス』

患者の経験談をもとに、健康への選択肢を紹介する健康情報番組『チョイス@病気になったとき』(Eテレ、毎週土曜20:00~)。3月16日の放送は、「なんとかしたい!口内炎」と題して、誰もが一度は経験する口内炎にスポットをあてる。

様々な原因があり、対処や治療も違うことが分かってきた口内炎。その多くは、放置しておいても数日で治る「アフタ性口内炎」と呼ばれるタイプだが、入れ歯が粘膜に当たって傷ついたところに細菌が繁殖して起きることもあり、この場合は殺菌作用のあるシールのような貼付剤やステロイドの軟膏などを使って治療し、同時に入れ歯自体の調整をする。

しかし中には「カンジダ」という真菌が原因の口内炎もあり、ステロイドの軟膏を使うと却って悪化してしまうため、注意が必要だ。その場合、使うのは「抗真菌薬」。また、なかなか治らない場合は「口腔がん」の可能性もあるため、数週間以上続く場合は一度受診した方がよいという。

身近な「口内炎」なだけに、軽く見てしまいがちだが、しっかり治したい。

PICK UP