横浜流星“ゆりゆり”が動揺!?順子と雅志の結婚話が浮上し…『はじこい』第9話

公開:

3月12日に、深田恭子が主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第9話が放送。永山絢斗演じる雅志は、深田演じる順子にプロポーズする。

持田あきによる同名漫画を原作にした本作は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・順子がタイプの違う3人の男性(永山、横浜流星中村倫也)からアプローチされることにより、失った人生を取り戻そうとする姿を描いたラブコメディ。

第8話では、山下(中村)が、文部科学省局長の匡平の父親・菖次郎(鶴見辰吾)の汚名を返上し、匡平の東大受験を続けさせる為に元妻である優華(星野真里)と再婚、政治家になる道を選んだ。順子を巡る雅志と匡平(横浜)との四角関係から離脱した山下を惜しむ「山下くんロス」という単語も急浮上し話題となった。そして今回、センター試験直前、匡平は、順子と雅志が結婚すると聞き……!?

<第9話あらすじ>
順子(深田)は、匡平(横浜)が休んでいた分の遅れを取り戻すため、順子の部屋で美香(吉川愛)、牧瀬(高梨臨)と一緒に勉強会を開いていた。するとそこに突然雅志(永山)が現れる。いつになく思いつめた様子の雅志に、順子は匡平とのこと、そして牧瀬とのことを聞き出そうとするが……。

12月になり、親戚の結婚式で久しぶりに親戚が集合し、帰りに雅志の一家が春見家に立ち寄った。話題は30歳過ぎていまだ未婚の順子と雅志の結婚話に……。いたたまれなくなった順子と雅志は、順子の部屋へ避難。そこで雅志は順子に決死のプロポーズをする。

新年を迎え、冬休みが終わり、新学期を迎えた南高校には、心機一転し受験に本腰を入れた匡平が登校してきていた。山下(中村)は、匡平の受験に向かう姿勢を褒め励ますが、匡平は前から気がかりだったある事を山下に聞いてみる。

ついにセンター試験7日前。匡平と美香は塾での最後の授業を終え、「ハングリージャングル」での牧瀬の勉強会も最後の日となった。牧瀬が席を外した時に、ゴリさん(皆川猿時)から雅志と順子が結婚すると聞いた匡平は……。