マツコも興味津々!?昭和家電に7000万つぎ込んだ男、メーカーにも残っていないテレビを大公開!

公開:

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。3月12日の放送では、「箱根の世界」と「昭和家電の世界」に迫る。

神奈川県西部、箱根峠の東側に位置する町で、古くから湯治の街としても知られている箱根。以前は箱根七湯と言われ、7種類以上の様々な温泉が楽しめていたが、現在では二十湯まで増え、さらに多くの泉質を誇っている場所だ。

そんな「箱根の世界」を語ってくれるのは、地元で新聞配達を50年以上続け、今ではドンと呼ばれる男、田中康久さん。

今回、生まれも育ちも箱根で、箱根の本当の魅力を知る田中さんが、地元の人に愛される小浴場や、路地裏の名店を紹介。なぜ、小浴場がいいのかを細かく解説しながら、田中さんのリポートを交えて「美肌の湯」のいくつかを取り上げる。また、取材拒否のお店の絶品カニクリームコロッケが登場し、マツコが試食する。

一方、「昭和家電の世界」を語るのは、ギザギザの付いた10円の収集を経て、現在は昭和家電を1万点以上も集めてしまったという冨永潤さん。給料のほとんどを昭和家電につぎ込み、今まで7000万円以上も投資。現在は趣味が功を奏して、映画やテレビドラマなどに昭和家電の貸し出しをしているという。

そこで冨永さんが、昭和という時代が滲み出ているテレビを中心に、メーカーにも残っていない発売当時の超レアものやリモコンの元祖、家具調テレビなど、製品を売るために試行錯誤したことが伺える“愛くるしい”機能をたっぷりと解説。

また、電子レンジ・炊飯器・洗濯機など、当時としては画期的な機能やオプション部品なども紹介する。思わず「家にあった」「使っていた」と叫びたくなる昭和家電に注目だ。