Sexy Zone佐藤勝利、カナヅチ克服なるか!?「上手に息継ぎをして酸素を吸ってみたい」

3月10日放送の『アオハルTV』(フジテレビ系、毎週日曜21:00~)は、番組で“カナヅチ”であることを告白したSexy Zone佐藤勝利が苦手克服に挑む。

同番組は、いくつになっても何かに夢中になっている“アオハルさん”を発掘して背中を押す、青春応援バラエティ。全国をリサーチしながら、様々なコーナーを通じて幅広く“アオハル”を紹介していく。ヒロミがMCを務め、Sexy Zoneの菊池風磨と佐藤、ビビる大木DAIGOがレギュラー出演する。さらにこの日はYOU新木優子ミキ昴生亜生)がゲスト出演する。

番組で“カナヅチ”であることを告白したSexy Zoneの佐藤。「ジャニーズで泳げないって、めちゃくちゃダサいじゃないですか」と今回改めて語るが、そのことをずっと言えなかったという。そんな佐藤に水泳を教えるのは、独自の理論で「どんな人でも必ず泳げるようにしてみせる」と断言する水泳インストラクターの内村とん先生。上手に息継ぎをして「酸素を吸ってみたい」と独特の表現で意気込む佐藤が、2時間の練習で25mを泳ぐことに挑戦する。

都内のプールで内村先生と対面した佐藤。まずはどれだけの腕前か泳いでみるのだが、水に入ること自体が苦手で「水が多い」などと難癖をつけて、泳ぎ始めるまでに15分もかかってしまう。そしてなんとか泳ぎ出すものの、水中でジタバタもがくその姿は、とても人気絶頂のアイドルとは思えず……。スタジオでVTRを見たヒロミも、思わず苦笑。そんな佐藤を見た内村先生が「もしかして……」と指摘したのは、泳ぎ方ではなく!?

実力がわかったところで、佐藤は内村先生が推奨する練習法を実践していくことに。水中で鼻から息をはき、水上で口から息を吸うという呼吸をしながら立って上下運動をする“ボビング”という練習からスタートする。内村先生から「これができれば鼻がツーンと痛くならない」と言われると、佐藤は「あれってマストじゃないんですか?」とまたしても天然ボケ発言。実際にやってみるとすぐにマスターし、内村先生から「すばらしいです!」の一言。

その後も、“浮き身”や“息継ぎ”などを言われた通りに実践してみると、佐藤は「水の中でこうやって過ごすんだ~」などの言葉を発しながら要領を得ていく。VTRを見ていたヒロミも「教えるのがうまいなぁ」と感心するような効率的な練習方法で、少しずつ苦手を克服し……。2時間という限られた時間の中で、佐藤は果たして25mを泳げるようになるのか!?

そのほか「アオハル調査隊」では、さまざまなことに青春を捧げるVTRを紹介。イケメンの双子が熱中して取り組む“スゴ技”動画が若者に人気ということで、そのうちいくつかを、大木と菊池もチャレンジしてみることに。簡単そうに見えてかなりハードルの高い技ばかり。人は息の合ったスゴ技を披露できるのか? また、スタジオにはある食材に“命をかける”料理人が登場する。

そしてこのほど、3月9日(土)、10日(日)と2日連続で、渋谷のマークシティ前にて、番組特製“アオハルサイダー”を限定無料配布することが決定。番組のスタジオセットにも置かれているかわいらしい“サイダー”を手に入れられるまたとない機会、ぜひゲットしてみては?

<サイダー配布概要>
配布日:3月9日(土)、10日(日)/10時~17時(なくなり次第終了)
場所:渋谷マークシティ前
配布数:両日1000本ずつの計2000本

また、この日ゲストで出演するミキの2人から収録後のコメントが到着。以下に紹介する。

<ミキ(昴生・亜生)コメント>
――収録を終えて

昴生:まさか、ひな壇の後列にSexy Zoneとミキ、この2組が並ぶとは!

亜生:感無量です。

――4月から東京を拠点に活動されますが、東京の番組はいかがですか?

昴生:東京のお客さんは元気ですよね。それに華やか! 関西におったらSexy Zoneさんとか会えへんし。新木優子さんなんて、目の前におって、顔がちっちゃくてびっくりしました!

亜生:前に座っていた新木さんが、時々後ろ向いてしゃべってくれるんですけど、緊張するからなるべく向かんといてほしかったです(笑)。

――佐藤勝利さんの水泳チャレンジはいかがでしたか?

昴生:まさか、アイドルがあんな姿をさらすなんて! アイドルにカナヅチだってことを言わせて、直そうとするなんて、なかなかの番組ですね。

亜生:普通、あんまり息継ぎの顔とか見られたくないです。

――ほかにも、登場したアオハルさんたちの印象は?

昴生:僕も何か一つのことを熱中してやりたいなとは思うんですけど、なんにも続かないんですよ。地道にずっと続けている人はすばらしいなって思います。

亜生:そういう人は目力がすごいですよね。僕らも兄弟なので、VTRに出てきた双子みたいにスゴ技動画のチャレンジをしてみたいですけど……。

昴生:亜生は器用なんですけど、僕がめちゃくちゃ不器用なんで、なんにもできずに足を引っ張ると思います。

――お2人にとっての“アオハル”といえば?

昴生:ほんまに漫才だけですね。ずっと青春しているみたいな。夜中に集まってキャッキャッ言いながらネタ作ったりしてたら、昔、友だちと放課後に集まってしょうもないことをしていたのを思い出します。最近忙しいのも、全然つらくない。漫才で大きい声を出して言いたいこと言ってストレス発散してるんで。あんまり仕事だと思ってないですし、好きなことをやってお金をもらえるなんて、こんな最高なことはない。幸せです。

亜生:親も安心してね。でも、東京進出するので、ちょっとさびしがってましたねぇ。(母親が)やたらと“別にええねんけど”って言うんですよ。“そんな、なんねや”って思いましたね。でも今までお金の心配とかしてくれてたけど、今回はほんまに自立して東京に行くから、“やっと手が離れる”って言うてました。

昴生:これからは、おじいちゃんになるまで漫才を続けることが目標ですね。

亜生:楽しくやれればいいかなって。毎日。

昴生:兄弟2人で仲良くやれたら、それが一番いいかなって思います。

――視聴者に番組の見どころをお願いします!

昴生:いろんなことに挑戦したり努力したり、こんな人がいるんやって知ることができて楽しい番組だと思います。

亜生:タレントさんがたくさん出ている中で、僕らだけ素人感が抜けていないので、ふわっふわしてて、ずっと後ろでニタニタしてたんで……。

昴生:VTR見て、たまに新木さんのうなじを見たりしてね。

亜生:キレイやったぁ。その新木優子さんのうしろ、Sexy Zoneの横に座っている僕らを見てほしいです!