KAT-TUN中丸雄一、吉高由里子の恋人役で出演決定『わたし、定時で帰ります。』

公開:

KAT-TUN中丸雄一が、4月スタートの火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、毎週火曜22:00~)で、主演の吉高由里子が演じる東山結衣の恋人・諏訪巧(すわ・たくみ)役で出演することがわかった。

原作は、自身も会社員を経験しており、作品ごとの徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している朱野帰子(あけの・かえるこ)のお仕事小説「わたし、定時で帰ります。」(新潮文庫刊)。発売当初から、今までのお仕事小説とは一味違うと、20、30代の働く男女を中心に幅広い世代の読者から人気を博している。脚本は『夜行観覧車』『リバース』などのテレビドラマや映画の脚本を手掛け、繊細な人物描写と視聴者を引き込むテンポの良い展開に定評がある奥寺佐渡子清水友佳子がタッグを組み担当する。「働くとは?」「仕事とは?」「本当の幸せとは?」残業ゼロ、定時で帰るがモットーのニューヒロインが、曲者のモンスター社員が抱える様々なトラブルを解決! 本作は、現代に働くすべての人を応援する心温まるワーキングドラマだ。

中丸が演じる巧は、向井理が演じるワーカホリックな結衣の元婚約者・種田晃太郎とは真逆で、仕事よりもプライベートの時間を重んじ、家庭的で、結衣にとって理想的な恋人だ。結衣と晃太郎、そして現在の恋人の巧との三角関係の行方にも注目だ。

また、結衣が会社を定時であがった後に直行する行きつけの店である「上海飯店」の店主・王丹(おうたん)役で江口のりこ、結衣と同じく「上海飯店」常連客の戸塚学役で梶原善、篠原友之役で酒井敏也が出演する。様々な作品に出演する個性的な実力派俳優たちが繰り広げる、「上海飯店」での軽快な会話劇も見どころのひとつだ。さらに、結衣に様々な情報を提供する謎の男でハンドルネーム・愁(しゅう)役には、桜田通が決定した。

出演が決まった中丸コメントが到着。以下に紹介する。

<中丸雄一 コメント>
最近、自分の周りの人と「働き方改革」や「働き方」に関して話すことが多いので、皆さんもとても注目しているテーマだと思います。たくさん共感していただき、翌日の話のネタになるようなドラマになればうれしいです。僕が演じる諏訪巧は、吉高さん演じる東山結衣の恋人で、主人公と同じ感覚で仕事よりもプライベートを大事にするマイペースな役柄です。吉高さんとは初共演ですが、結衣のイメージにぴったりだなと感じています。一緒のシーンが多くなると思うので、空き時間にも自然に会話をして良い雰囲気でお芝居をしていければと思います。ぜひ楽しみにしていてください。