福田正博&ワッキー、サッカーをこよなく愛する男たちが選ぶ「平成のベストイレブン」

公開:
福田正博、ワッキー
福田正博、ワッキー

サッカー元日本代表の福田正博と、サッカー大好き芸人のワッキーペナルティ)が、2月22日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)に出演。2人とMCの古田敦也らサッカーをこよなく愛する3人が、それぞれの「平成のベストイレブン」を発表する。

古田と高柳愛実がMCを務める同番組は、“部活応援宣言!”をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介する。

平成30年間を振り返ると、「ドーハの悲劇」や「マイアミの奇跡」、「ジョホールバルの歓喜」など、サッカーというスポーツは国民を何度も熱狂させた。

そこで今回は、福田とワッキー、古田が、「平成のベストイレブン」をピックアップ。日本代表として、1992年のアジアカップでは初優勝に貢献し、93年のワールドカップアジア地区最終予選も経験。2002年の現役引退後は、サッカー解説者として活躍する福田。高校時代は、名門・市立船橋高校で全国高校サッカー選手権の出場経験を持ち、サッカー好き芸人として知られるワッキー。プロ目線で選ぶイレブンと、ファン目線で選ぶイレブンの違いが明らかになる。

さらに、スポーツファン注目の名場面の舞台裏も判明する。