櫻井孝宏「ダラダラ生きていたけど…」18歳の自分にエール!『えいがのおそ松さん』

公開: 更新:

劇場版『えいがのおそ松さん』(3月15日公開)の完成披露舞台あいさつが15日、都内で行われ、長男・おそ松の声を演じる声優の櫻井孝宏、主題歌「Good Goodbye」を担当したDream Ami、本作のメガホンをとった藤田陽一監督、脚本の松原秀が登壇した。

人気シリーズの劇場版完全新作として公開される本作は、高校の同窓会を訪れ、同級生に対してさえない自分たちに失望した6つ子たちが、翌朝目覚めると、「過去の世界」に突然迷い込んでいるという奇想天外なストーリー。デカパンから「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物がいる」と告げられた6人は、真実を確かめるため18歳の自分たちに会いに行くという展開だ。

櫻井は「テレビシリーズがトータル1年間あり、いろいろ積み重ねていって、いつか映画で……と、内輪では言い合っていたんですけど、まさかこの日を迎えられるとは」と感慨深げ。劇場化を知らされた時は「どういう話になるのかな」と思ったそうだが、「何でもアリな作品。すぐに死んじゃうし、キャラクターが死を超越しているような、皆さんが持っている常識を突き破るキャラクターたちばかり。僕は映画らしい作品であればいいなと思っていたんですけど、いい感じにツボを押さえた作品になっています。見て楽しかったです」とその出来上がりに満足げ。

Dream Amiも「おそ松さんが大人気というのはちょっと聞いていて、LINEスタンプを使ったりしていたので、まさか自分が主題歌を担当できると思っていませんでした」と感激しきり。「嬉しかったんですけど、ファンの多い作品。わたしにできるかなっていう気持ちもありました。でも、やるからには自分が作詞をしたいなって。やりだしたら、どうやればみんなが納得するようなものになるかを探り、過去一番時間のかかった楽曲になりました」と制作秘話を紹介。「今日にいたるまで不安はあって、皆さんの反応にドキドキしています」と笑顔を見せた。

映画のストーリーに絡め、「18歳の自分に会ったら声をかけてあげたいこと」に話題がのぼると、櫻井は「18歳の時の自分はダラダラ生きていました。この後どうなるんだろうって。そんな自分にハッパをかけたいと思いつつ、18歳で声優になろうと決めていたので『このままがんばれ』と声をかけてあげたい」とコメント。

Dream Amiも「18の頃はもう仕事をしていましたけど、ずっとフットサルに没頭していたんです。ちょっとした試合でも、参加するたびにファミリーレストランの招待券をもらえていて、それが5000円分くらい。優勝すると2万円くらいもらえると聞いて、それを目標にやっていました」と回顧。「だから18歳の自分に優勝できますよ、ファミリーレストランでポテトいっぱい食べれるよって教えてあげたい」と振り返っていた。