『JOKER×FACE』主演・松本穂香が『脱力タイムズ』にゲスト出演「コントに興味があったんです…」

女優・松本穂香と、お笑い芸人・銀シャリ橋本直が、2月15日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)にゲスト出演する。

くりぃむしちゅー有田哲平がMCを務める同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説する新感覚ニュースバラエティ。

現在ドラマ『JOKER×FACE』(フジテレビ、毎週月曜24:55~)に出演中の松本は、冒頭から橋本の大ファンだと告白し、橋本の切り返し方やツッコミがいかに素晴らしいかを熱弁する。実際に松本がボケてみると、橋本はすばやくツッコミを入れる。その瞬発力と的確さに、松本は大喜び。すると、橋本からツッコまれる快感を味わいたいとばかりに、全力解説員の齋藤孝岸博幸がボケ始める。それに対しても、橋本は即座に返し、メインキャスターのアリタ哲平と解説員たちは、橋本の言葉のセンスに感心することしきり。そんなリアクションに、橋本はプレッシャーを感じる。

今回のテーマは「SNSとコミュニケーション不足の関係性」。SNSの発達により、顔を合わせてのコミュニケーションが不足しがちな現代では、対人関係でピンチに陥った時にうまく返せないと悩む人が増えている。番組では街の人にインタビューを行い、対人関係で困ったシチュエーションについて調査。ケースごとにどう乗り切ればいいのかを、対人コミュニケーションに詳しい会計士・コンサルタントの森井じゅんが特別解説員としてコメントしていく。

松本は「言いたいことはSNSで言っている」と、生のコミュニケーションが不足していることを打ち明ける。森井によれば、会話のプロであるお笑い芸人の手法をお手本にするべきだという。スタジオでは“女性からセクハラと言われた時の対応”を実演。松本がセクハラを受けたと主張する部下にふんし、岸、齋藤、橋本が上司として適切な答え方ができるか、やってみることに。岸、齋藤の対応では、セクハラされた部下になりきっている松本も不機嫌になってしまう。続いて、橋本がセクハラと言われた時の対処を披露する。

橋本のある見事な(?)切り返しに「興奮します!」と松本のテンションは急上昇。見守っていたアリタと解説員たちも、称賛を惜しまない。橋本は「15年ぐらいやってるけど、ここまでほめられたことがない」と思わず口にする。そんな橋本の戸惑いをよそに、次はどれだけ素晴らしい切り返しを見せてくれるのか!? と期待は高まるばかり。ハードルがどんどん上がって“ほめ殺し”状態の橋本は、次第に追い詰められていき……。

収録を終えた松本からコメントが到着。以下に紹介する。

<松本穂香コメント>
――収録はいかがでしたか?

収録前からド緊張でした(笑)。収録中も、とにかく汗がたくさん出ました……。番組全体がコントになっているとお聞きしていたので、私は何も間違えちゃいけないんだと、すごくドキドキしました。笑っちゃいけないと分かっていたんですけど、後半は笑ってしまいました(笑)。

――解説員の先生から目の前でギャグを連発されても平然とされていましたが、内心はどんな気持ちだったのですか?

これはどこまで私が応えていいんだろう? と思っていました(笑)。先生方が個性の強い方ばかりで、楽しく臨ませていただきました。

――橋本さんとの長いやりとりも、とても面白かったです。

橋本さんが横にいらっしゃって、私はそれだけで笑いがこらえられなかったです(笑)。台本にはない広がりもありましたし、私が笑わないと終わらないのかなと思ったり。バラエティの経験がないので、正解が分からなくて、橋本さんと一緒に、探り探りやっていました(笑)。

――橋本さんが困っているのを感じましたか?

そうですね。隣にいる橋本さんの緊張が伝わってきて、私も連鎖してどんどん緊張しました(笑)。

――収録中、印象に残っていることはありますか?

スタッフさんとの連携がすごいなと思いました。スタッフの皆さんも、収録の内容に沿ってそれぞれの役割を持ってやってらっしゃるので、とてもリアルなんです。その雰囲気にチームワークを感じました。

――松本さんは、お笑いがお好きなんですか?

はい。大阪出身ですし、コントにも興味があったんですが、いざ挑戦してみると、こんなに難しいんだと実感しました。今回は、とても良い経験をさせていただきました。

――この収録はアリタさんのお誕生日の翌日で、松本さんのお誕生日の前日ということで、スタジオではお祝いもありましたね。

まさか、私の花束まで用意してくださるとは思っていなくて……本当にうれしいサプライズでした!

――最後に、番組の見どころをお願いします。

最後は、誰も予想しなかった展開になったので、そのあたりを楽しんでいただけたらと思います。最初はいなかった人が、最後に登場しています(笑)。私としては、お芝居の方を頑張りましたので、そこを見ていただきたいです。

PICK UP