俳優・金子昇、ピース綾部にそっくり疑惑が浮上「めちゃめちゃ言われる」

俳優の金子昇が、2月2日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「ビリヤードが好きすぎて、週7でビリヤードをしていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

2001年に『百獣戦隊ガオレンジャー』で脚光を浴び、最近では『ぶらり途中下車の旅』にも出演するなど、幅広い活躍をしている金子。もともとビリヤードが大好きで、選手として国体で準優勝したこともあるほどの腕前なのだとか。さらに、世界チャンピオンとも対戦経験があり、「極力大きな大会に出たい」と語るほどのプロ志向。マネージャーからは「もうプロになればいいんじゃないですかね」と呆れられていた。

スタジオに登場した金子は、「脳みその8割はビリヤード」と告白。有吉から「そんなに好きなんですか、ビリヤード?」と聞かれた金子は、「止まっている球を、穴に入れるという行為がとてつもなく好きみたい!」と力説し、有吉に「知らねーよ!」とツッコまれていた。さらに、有吉は金子の容姿や喋り方から、「綾部じゃないよね?」とピースの綾部祐二にそっくりだと指摘。金子も「よく言われます。めちゃめちゃ言われる」と頭を抱えていた。

金子は、スタジオにビリヤードで使用する自分のキューを持ち込み、有吉にショットのやり方をレクチャーすることに。しかし、30万円もするというキューを雑に扱う有吉に対し、「大事に扱ってくださいよ!」と大慌て。そんな慌てる金子を面白がって、さらに有吉によるいじりはエスカレート。いじられまくる金子に対し、大吉は「金子さん、ますますピースの綾部になっている」と指摘し、スタジオの笑いを誘っていた。

そんな金子への禊は、「ビリヤードの神業、完璧にできるまで帰れません」に決定。プロが披露する超高難度の神業VTRを見た金子は、「こんなの無理ですって!」と絶叫し、「1、2年帰れないですよ」と抗議し、観客を笑わせた。

番組にはこの他、8人組の音楽グループ・SOLIDEMOが登場。「全員の身長180cm以上を売りに5年以上活動して来たが、実は8人中3人が180cmないこと」を反省した。

PICK UP