骨董好きの父が一目惚れ!1000万円で購入した「お宝」が登場『鑑定団』

公開: 更新:

1月29日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)に、骨董好きの父から託された「お宝」が登場。一体どんな骨董なのか?

同番組は、依頼を受けた「お宝」の歴史的・資料的・金銭的価値を鑑定すると同時に、その「お宝」に対する人々の思いなどを伝えるバラエティ。今回の依頼人は、製薬会社に勤めており、薬やサプリを買い集め成分表示を見比べるのが趣味。薬の成分には開発者のメッセージが込められているのでずっと眺めていても飽きないという。

持参した「お宝」は、骨董好きの父から家宝として大事に引き継いでほしいと託されたもの。実家には様々な骨董があるが、この品は父が18年前に骨董店で一目惚れし、退職金1000万円を叩いて買った特別な品。

帰省するたび「1500年も前の、美術館にもそうそうない貴重な物だ」と言われ続けているので、本当に価値があるのか確かめたいと、鑑定を依頼。果たして結果は?