有吉弘行、アンジャッシュ渡部建に“ポン酢依存”を指摘され怒り心頭「徹底的に戦うしかない」

マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:20~ ※一部地域を除く)。1月16日の放送では、有吉とアンジャッシュ渡部建のバトルが勃発した。

今回、「栄養のあるものを食べて明日から元気に!」をテーマに、番組が“グルメ王”とイジる渡部に「精力ビンビンになる料理をバンバン食べたい」と依頼した。しかし、当の渡部は浮かない表情。4か月ぶりの登場に「ちょっと間が空きすぎじゃない?」と話した後、今回のテーマは乗り気ではないと明かす。

結婚をし、子供が産まれた直後に「なんで精力ビンビン料理を紹介しなきゃいけないの?」と苦言。それでも渡部は5品紹介した。

まず紹介したのは、築地にある長生庵の「つけキムチカレーそば」(1100円)。和風カレーのつけ汁にキムチ、生卵、豚バラがのった一品とのこと。渡部曰く、そば屋のカレーはスパイスを使わない事が多いが、同店はクミン、コリアンダーなど約30種類のスパイスを使ってカレーを作っているそう。邪道に見えてしまう面もあるが「いい加減なB級グルメではない」とおすすめした。

この他にも、ガーリックトースト、牡蠣ラーメン、油揚げなどが紹介される中、新橋・むさしやの「極上ロースしゃぶしゃぶ」(3000円)では、素材の味を楽しむべく、出汁を使わずお湯に肉と野菜の旨味だけでしゃぶしゃぶすると紹介。渡部はポン酢すらつけずに食べるそうなのだが「そもそもポン酢やレモンは見直さなきゃいけない調味料」と言い、酸味が強すぎると持論を展開した。

VTRを観ていたポン酢好きの有吉は「こいつ一回断食させたろか」とツッコミを入れ、笑いを誘う。また、「ポン酢依存」とまで有吉を揶揄する渡部に「ヒドい! 徹底的に戦うしかない」と争う姿勢をみせた。

料理を紹介した後、渡部は番組に「言いたいことがある」とコメント。放送内で有吉が、奥さんである佐々木希のことを褒めたため「だから(夫の)渡部さんのことをどんなに悪く言ったって本気では怒らない」と話していたことを振り返り「あの理屈が分からない」と述べた。

そんな渡部に有吉は「文句言いに来ているのかなアイツ」と先輩を“アイツ”呼ばわりし、反省の色はゼロ。「“出させてもらってありがとうございます!”だろ」と言い、今回紹介したお店はすべてインターネット調べだろうと予想する。最後に「いい加減な仕事してんじゃねーぞ!」と切り捨てて笑いを誘っていた。

PICK UP