『半分、青い。』はイタリアから始まった!?脚本家・北川悦吏子、創作の根底に流れている思いとは?

公開:

脚本家の北川悦吏子が、1月18日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:25~)に出演する。

著名人が“海外にある第2の故郷”や“憧れの地”を実際に訪れ、その様子を語るトークバラエティ。MCは今田耕司中条あやみが務める。

今回、北川が向かったのはイタリア。ヴェネチアからヴェローナ、そしてローマ郊外の小さな街アルテーナをめぐる。そこには『ロングバケーション』(フジテレビ系)、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』を始めとする北川作品の原点があった。

ラブストーリーの神様と呼ばれる北川の創作の根底に流れている“思い”が明らかに。全ては14歳で衝撃を受けた映画『ロミオとジュリエット』から始まった。執筆秘話、病との闘い……彼女にとって物語とは? テレビ初登場の娘が語る母の素顔も明らかに。