北川景子「盛り上がること間違いなし」斉藤和義が『家売るオンナの逆襲』に主題歌提供

シンガーソングライターの斉藤和義が、2019年1月9日にスタートする北川景子主演のドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~ ※初回は10分拡大)の主題歌に新曲「アレ」を書き下ろしたことがわかった。

同ドラマは、2016年夏に連続ドラマとして、2017年5月にはSPドラマで放送された『家売るオンナ』の続編。北川演じる天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の問題を解決しながら、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。三軒家の「GO!」「私に売れない家はない!」をはじめとした名セリフや破天荒でクール、一方でコミカルな演技も話題になった。

今作では新たに、三軒屋の最強のライバル役として、松田翔太の出演が決定。屋代(仲村トオル)をはじめ、庭野(工藤阿須加)、足立(千葉雄大)、白洲(イモトアヤコ)、布施(梶原善)、八戸(鈴木裕樹)、宅間(本多力)、鍵村(草川拓弥)、こころ(臼田あさ美)らおなじみメンバーも前作に引き続き出演する。

斉藤は「踊れるコメディも、考えさせられるシリアスも、どちらの要素もあるドラマだと思ったので、そんな曲にしたいと思いました」と主題歌「アレ」についてコメント。また、主演の北川は「斉藤和義さんが主題歌を担当してくださると聞き、とても嬉しかったです。世の中は不条理で、頑張っても報われることばかりではないけれど、それでも生きていくのが人間だ。うまくいくことばかりではないのが人生だ。という、ドラマのテーマにぴったりな歌詞に感動しました。心に響く楽曲でした。ドラマの世界観に合った楽曲を作ってくださり、さらに『家売るオンナの逆襲』が盛り上がること間違いなしです。楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。