田中みな実「ちょっとアダルトな動物講座」で“チン“事件!有吉弘行から「やめてよ下ネタ!」

公開: 更新:

有吉弘行が、深夜でしか扱えないディープな話題を“毒っ気”のある目線で切り込む番組『有吉ジャポン』(TBS系、毎週金曜24:20~)。12月14日の放送では、「女ムツゴロウ」こと篠原かをりさんが登場し、ある動物に関する講座を開いた。

篠原さんは現在、慶應義塾大学の大学院生。高校生のときに生物の模試で叩き出した偏差値105を武器に、発売したすべての書籍がAmazonランキング1位を獲得している業界内で「女ムツゴロウ」と呼ばれる23歳の女性。

ゲストのDA PUMPISSAは、もともと奥さんが飼っていたダックスフントと一緒に暮らしていると話す。篠原さん曰く、ダックスはもともと猟犬だったため賢く自立心が強い犬とのこと。「バカにされたら一生バカにされっぱなし」と明かすと、ISSAは「全然俺になつかない」と嘆いた。

ここで篠原さんがクイズ形式で「ちょっとアダルトな動物講座」を開講する。まず紹介したのは「象の交尾は動かない」ということ。交尾中、身体は動かないが陰茎が動くことを説明すると、ゲストの平成ノブシコブシ吉村崇ら男性陣は「どんな動きをするんだろう」と興味津々。篠原さんは「豚も(直接子宮に入れるため)めちゃくちゃ動きます」と付け加えた。

続いては「ネズミはアダルトビデオで興奮する」と紹介。これまで動物は、他の動物の交尾を見ても興奮しないと言われていたが、ある研究でこの事実が発覚。さらに写真よりも動画に反応するそうで、有吉は「最近、我々もエロ本じゃダメなのよ」とコメントして笑いを誘った。

最後の問題で事件が。MCの田中みな実が「チョウチンアンコウの」と読もうとしたところ「チンチン……」と噛んでしまいスタジオは大爆笑。有吉らから「やめてよ下ネタ!」「下品」と総ツッコミが入ると、田中は下を向き照れ笑いを浮かべ、謝罪するばかりだった。

結局、答えは「チョウチンアンコウのオスはメスの一部になる」というものだった。篠原さんは、チョウチンアンコウは深海に生息しているため、エサの取り合いを避けるため同化しているのだと説明した。この講座に感銘を受けたゲストの藤田ニコルは「学校では教えてくれない」と舌を巻いていた。