星野源、中学生から曲作りも「ひどいのばかり」中村七之助が創作の“源”を探る

公開:

2019年1月4日(金)13時45分から放送される『東海テレビ開局60周年記念「勘九郎・七之助の極め付け!座・中村屋2(仮)」』(東海テレビ・フジテレビ系)で、中村七之助星野源のトークが実現した。

この番組は、歌舞伎界の次世代を担う中村勘九郎、七之助兄弟が、普段から交友のあるゲストを迎え、様々な話題をざっくばらんにトークしていくもの。2018年年始に第1弾が放送され、好評につき第2弾の放送が決定した。ゲストと親しく打ち解ける姿は、舞台とは違う勘九郎、七之助兄弟の素顔が垣間見られる貴重な機会となっている。

星野は11月に行われた「七回忌追善公演 平成中村座 十一月大歌舞伎」を観劇。多忙な星野が「お寿司を食べたい」と言っていたと耳にした七之助は、星野に内緒で平成中村座の中にバーカウンターを設置し、お寿司を食べてもらうサプライズを実行。ホストの七之助による粋な計らいが続くなか、七之助が星野の創作の“源”を探っていく。

舞台やライブ等、お互い仕事の話から始まった2人。七之助が最初に星野を知ったのは、映画『地獄でなぜ悪い』だという。(橋本公次役を演じた)星野に大笑いして、「最高の役者さんだ」と思ったというエピソードを話す。そしてこの世界を目指したきっかけなどを、幼少期の頃から父親・中村勘三郎さんへの憧れから見よう見まねで歌舞伎の世界に入った自身の話などを交えて、星野に質問していく。

その星野は中学生の頃からひっそりと作詞・作曲をしていたと告白。「ひどいのばかり。暗かった」と苦笑する星野に「聞きたい!」と反応した七之助は、「星野源の暗い曲、皆、聞きたいですよ。中村座でどうですか?」と提案。星野は「せっかくの中村座なのに?」と笑いながら答えた。

最後に星野が2019年の目標を、“極めつけ”のひと言で表現しトークは終了。対談中の2人は、「源さん」、「七之助くん」と呼び合うほど、仲の良さが感じられた。収録後、星野からコメントが到着。以下に紹介する。

<星野源 コメント>
七之助くんに案内していただいて、舞台の裏側も全部見せていただき、花道も歩かせていただきました。中村座の舞台に上がれるとは思っていなかったので、とても幸せな気持ちになりました。七之助くんとは普段は友達なので、今日の収録は若干照れくさい部分がありましたが、仕事の話を中心に楽しい話がたくさんできたので、とても良かったです。
中村座の舞台は、昔ながらの歌舞伎の観劇の仕方というものを体験できる場所ですし、この上演のために作った劇場ということも凄いと思います。(浅草という)場所も雰囲気がありますし、勘九郎くんと七之助くんが醸し出す空気みたいなものが年々魅力的になっていき、他にはないものだと感じます。やはり(父である)勘三郎さんの匂いや、勘三郎さんへの思いを出演者の皆さんはもちろん、観ている方も含めて全員が持っていると思います。そういう雰囲気が、客席、お客さんも含めて素敵な場所だと感じました。