漫画家・浦沢直樹による『大阪国際女子マラソン』メインビジュアル解禁!陸上競技と漫画制作の共通点も語る

公開:

人気漫画家の浦沢直樹が、2019年1月27日(日)に開催される「第38回 大阪国際女子マラソン」のイメージキャラクターを描き下ろしたことが明らかに。さらに、キャラクターを使った大会メインビジュアルが解禁となった。

浦沢が手掛けたイメージキャラクターは、疾走感、前を見据える真っすぐな目が印象的で、まさにニューヒロイン誕生が注目される今大会をイメージさせてくれるものとなっている。イメージキャラクターを漫画家が手掛けることは、今回で38回目を迎える大会の歴史において、初めて。このイメージキャラクターを使った大会メインビジュアルは、今月12日(水)からカンテレ本社社屋に掲出予定のほか、来月上旬からは御堂筋沿道のバナーフラッグとしても登場予定。コースの一部でもある御堂筋が“大阪国際女子マラソン”一色になる様子は必見だ。

浦沢は、幼い頃から漫画を描き始めた一方で、中学時代は陸上部に所属。漫画を描きながら毎日走り続けた経験から、「陸上競技は孤独との戦い。漫画制作と似た面もある」と語る。柔道ブームを巻き起こした大ヒット漫画『YAWARA!』では、1992年の五輪開催前のバルセロナを取材。その際、女子マラソンのゴール地点であるメインスタジアムのあるモンジュイックの丘を自ら歩いて登り、坂道の激しさを体感した。それゆえ、五輪女子マラソン本番のレース終盤、その急坂で行われた有森裕子のデッドヒートの場面は、「今録画で観てもぼろぼろと泣いてしまうほど」だと言う。

またこのレースは、東京五輪代表選手を選考する『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』(来秋開催予定)の出場権をかけた“MGCシリーズ”の一つとあって、選手たちの真剣勝負に一層注目が集まる。

なお、大会の模様は『カンテレ開局60周年特別番組 奥村組スポーツスペシャル 第38回大阪国際女子マラソン』(カンテレ・フジテレビ系)として、大会当日12時から生放送される。解説は、増田明美(スポーツジャーナリスト)、有森(バルセロナ五輪銀メダリスト・アトランタ五輪銅メダリスト)、高橋尚子(シドニー五輪金メダリスト)、千葉真子(パリ世界選手権銅メダリスト)、野口みずき(アテネ五輪金メダリスト)が務める。