尼神インター誠子「ブス役だったのでビックリしました」年の瀬ドラマで新川優愛とW主演

公開: 更新:

尼神インター誠子新川優愛の2人が、12月27日(木)に放送される年の瀬ドラマ第1夜『ブスだってILOVEYOU』(テレビ朝日、24:20~※関東ローカル)で主演を務めることがわかった。

新時代を背負っていくにふさわしい若手クリエイターたちとタッグを組んだ2つの超・挑戦的ドラマを2夜連続で放送。先に発表された12月28日放送の第2夜は、劇団ゴジゲンを主宰し、映画監督、脚本家、俳優としても活躍する33歳の大注目クリエイター・松居大悟が送る異色ノンストップ・パニックコメディ『平成ばしる』(テレビ朝日、24:20~※関東ローカル)で、稲葉友が主演を務める。

そして今回『ブスだってILOVEYOU』で、見た目が残念と言われる人たちをあえてメーンキャストに起用するという、ドラマ制作界の中ではある種、タブーな物語の脚本に挑むのは、元芸人で現在は劇団「TAIYO MAGIC FILM」の主宰も務める西条みつとし。過去には、映画『blank13』やドラマ『○○な人の末路』などの脚本を務め、バラエティ番組などの構成作家も担当。予想もつかないコメディ展開と絶対に裏切られる衝撃的なラスト、そして驚異的なまでに伏線を回収する緻密なストーリー構成で演劇界に疾風を巻き起こし、今最もノッている演劇家の一人とも言われている逸材だ。

物語の主人公は、ブスで異性から全くモテない三十路前の川端湯菜乃。美容室で働く湯菜乃は、美人で常に周囲から優遇されがちなもう一人の主人公・町田美里に強いコンプレックスを持っており、意を決して美容整形手術を受けることに。

「顔さえ美人になれば、全てがうまくいくはず……」。しかし、手術中の医療ミスによって昏睡状態に陥り、目が覚めたときには元の顔のまま。落ち込む湯菜乃だが、明らかに男性陣からの対応がこれまでとは全く違う。同僚からも急に猛烈アタックを受け、何がなんだか分からない。どうやら湯菜乃が目覚めた世界では“ブサイクがモテて、美男美女がぞんざいに扱われる”価値観になっていたのだ。トントン拍子に全てが軌道に乗り始めていく湯菜乃の人生。反対に以前は、ちやほやされていた美里は、かつての湯菜乃の様な存在に。それを見つめる湯菜乃の心境は? そもそも、本当に美男美女は得ばかりしていたのだろうか? 湯菜乃が最後にたどり着く“幸せ”とは!?

ブスと罵られ続けたのに、ひょんなことから絶世の美女扱いされてしまう異色の“シンデレラ”・湯菜乃を尼神インターの誠子が、反対に容姿・性格・スタイルの3拍子揃った完璧美女なのに、ある日突然ブス扱いされてしまう美里を新川が演じる。

以下に、誠子と新川のコメントを紹介する。

<尼神インター誠子 コメント>
「美人役かな?」と思ったらブス役だったのでビックリしました。ドラマが大好きなので、オファーが来たことが嬉しいです。ブス役という事なので、ブスの役作りをしなくちゃ! 撮影では「新川さんと誠子、どっちが美人役をやっているんだろう?」と観ている方が混乱しないようにしっかりとブス役を演じたいと思います。初主演、精一杯頑張るので“女優・誠子”をぜひ観て下さい!

<新川優愛 コメント>
今回の企画内容を聞いて、面白い感覚だと思いました。美里と湯菜乃さんとの対比が難しそうだなと思いますが、楽しく「ブス」を演じていけたらと思っています。個人的にはコミカルでかわいらしい誠子さんを見るのが楽しみです。世界の美的感覚が変わることで「得るもの」「失うもの」。そしてたとえ「美人」と言われようが「ブス」と言われようが、忘れてはいけない大切な何か。色々な気持ちを味わっていける作品になると思います。「容姿」を通して、いろいろな「心」の大切さを感じていただけたら嬉しいです。お楽しみにしていて下さい。

<あらすじ>
恋愛ドラマを観て、「私もこんな恋したいな~」と夢見る三十路前の川端湯菜乃。けれど彼女の見た目は残念ながら、勤務先の美容室の店長に「顔がお化けみたい」と言われるレベル。反対に24歳の美里は「今日もカワイイね」と言われ、給料だって謎に上げられている……。

そんな中、店に姉妹店からの助っ人として23歳の年下イケメンが来ることに。そのイケメンっぷりに見惚れてしまう湯菜乃。だが自分が相手になんてされるはずがない。そんな思いを抱えているうちに、美里と誠也が2人でご飯を食べている場面に出くわしてしまう。

やっぱり結局は美人が得をする世界なんだ……。一念発起した湯菜乃は整形を決意! 大金をはたいて手術に臨むが、次に目覚めたときにいたのは、何故か自分の部屋。しかも見た目が何も変わっていない。「どうして?」と戸惑いながらも美容室に出勤した湯菜乃は、そこでどうしてだか、これまでとは全く違う、“美女側”の対応をされることになり……!?