嵐・相葉雅紀、女子バスケエース渡嘉敷来夢が持つ“聖徳太子なみ”の能力を検証!

公開:

相葉雅紀がトップアスリートの魅力に迫るスポーツバラエティ『グッと!スポーツ』(NHK総合、毎週火曜22:25~)。11月13日の放送は、女子バスケットボールの渡嘉敷来夢選手(27歳)をゲストにむかえる。

渡嘉敷選手は、2016年のリオデジャネイロ五輪で、チームを20年ぶりの決勝トーナメント進出に導いた日本代表のエース。番組恒例の駆けつけパフォーマンスでは、渡嘉敷選手がフリースローに挑戦。狙いを定めるボードには、虫やホラー映画のシーンなど、渡嘉敷選手が苦手なものばかり描かれていて、嫌でも目に入る状況になかなか調子があがらない。そんな中、目を閉じてシュートするとボールはリングの中へ。渡嘉敷選手は強じんな精神力を見せつける。

渡嘉敷選手は、身長193㎝の“高さ”と、50m走を6秒台で走る“スピード”を合わせ持つ稀有なアスリート。優れた身体能力を生かし、試合では得点を量産しているが、今回取材を進めると、渡嘉敷選手は同時に何組もの会話を聞き分けられるという特殊な能力を持っていることが判明する。

チームメートによると、その力は“聖徳太子なみ”だというが、相葉がその能力をスタジオで検証していく。「夢は東京五輪でのメダル獲得」だと語る渡嘉敷選手の素顔や、類まれな能力に注目だ。