木南晴夏『大恋愛』で結婚後初ドラマ!ムロツヨシに惚れ込む編集者役

公開: 更新:

木南晴夏が、11月9日放送の戸田恵梨香ムロツヨシが恋人役で共演するドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話から出演することが決定。今年6月に玉木宏との結婚を発表して以来、初のドラマ出演となる。

同ドラマは、“ラブストーリーの名手”とうたわれる大石静が紡ぐ完全オリジナルドラマ。若年性アルツハイマーにおかされてしまう女医・尚と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男・真司の、10年にわたる愛の奇跡を描く純愛ラブストーリー。

木南が演じるのは、真司の担当編集者・水野明美。真司の小説家としての才能に惚れ込み、真司が良い環境で執筆に打ち込めること、作品が広く世間に認められることを望んで、かいがいしく世話を焼く。その振る舞いが尚と真司の関係に大きな影響を及ぼしていく。

木南とムロは、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)で一風変わった冒険の仲間としての共演が人気を集め、公私ともに交流がある。木南は「今まであの仮装姿でお芝居をしていたので、(現代劇の)このドラマでは若干小っ恥ずかしいような違和感がありつつも、これから慣れていくのかなという感じです。でも、やはり、ムロさんが現場にいてくれると安心します」と全幅の信頼を寄せる。また、「いつもと違って二枚目の演技をされているので、最初は『なにしてんの?(笑)』とも思いましたが、(真司は)普段のムロさんに近い感じがします」とも話している。

視聴者へ「主人公が若年性アルツハイマー病という難病にかかってしまうストーリーですが、人と人とのピュアな恋愛を描いていて、とっても切なくなったり、優しくなったり……。すごくシンプルで、原点に戻れるドラマだなと思いました。そういうところを、視聴者の皆様にも楽しんで頂きたいです」とメッセージを寄せている。

冒険の仲間から小説家と担当編集者という間柄に。2人の息ぴったりの演技に期待が高まる。