阿部寛、竹内涼真のブレイク予想していた!「目の奥に光るものがあった」

公開: 更新:

日曜劇場『下町ロケット』(TBS系、10月14日スタート、毎週日曜21:00~)完成披露特別試写会&舞台挨拶が7日、都内で行われ、主演を務める阿部寛をはじめ、竹内涼真安田顕真矢ミキ立川談春古舘伊知郎尾上菊之助が出席。シリーズ続編への熱い思いを語った。

本作は、2015年の10月期にTBS系で放送され大きな話題となったドラマ『下町ロケット』の続編。ドラマは、帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に関わってきた佃製作所が、帝国重工から業績の悪化を理由に、主力商品となっていたロケットエンジン用バルブシステムの納入の打ち切りを告げられるところから始まる。

阿部は「初日から迷いなくできることは幸せ」と続編ならではのチームワークの良さを強調すると、3年前よりパワーアップしていると断言。安田も「撮影の雰囲気は非常にいいです」と語り、前作より阿部が積極的に共演者とコミュニケーションをとっていることを明かした。

前作放送から3年間で、大ブレイクを果たした竹内は「日曜劇場の撮影はすごく大変で、眠れないことも多く辛いです」と本音を明かすが、この日完成した第1話を観て「監督やスタッフ、阿部さんをはじめとしたキャストを信じて頑張って撮影してよかった」と辛い思いは吹き飛んだという。

そんな力強いコメントを残した竹内に対して、阿部は「前作から目の奥に光るものがあった。集中力があってきっと伸びるだろうなと思った」と現在のブレイクを予言していたことを明かすと、安田は「3年前からいくだろうなとは思っていましたが、まさかここまでいくとは……」と驚きの表情。「“国民の彼氏”なんですよね? 私は朝『おはよう国民』って呼んでいるんです」と冗談で客席を盛り上げていた。

また、新キャストとなる尾上や古舘は「出来上がっているチームワークの良さに入っていくことに緊張した」と感想を述べていたが、良いものを作ろうというスタッフ、キャストの熱気に日々影響を受けているという。

阿部は「3年間溜めていた思いをぶつけたい」と意気込みを語ると、「心を込めて12話までやりきります」と客席に向かって誓っていた。