米倉涼子、吉田沙保里にお姫様抱っこされ衝撃!「ふっと浮く感じ」

米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系、10月11日スタート、毎週木曜21:00~)の制作発表記者会見が2日、都内で行われ、米倉のほか、向井理林遣都菜々緒荒川良々安達祐実三浦翔平内藤理沙宮本茉由勝村政信小日向文世高橋英樹が出席。終盤には花束贈呈ゲストとしてレスリングの吉田沙保里も登場し、米倉をお姫様抱っこするパフォーマンスで会場をわかせた。

同作は米倉にとって6年ぶりとなる新作の主演ドラマ。スキャンダラスな“元弁護士”小鳥遊翔子(米倉)が率いるワケあり弱小弁護士集団が、大手法律事務所の超エリート弁護士らを相手に、“勝利”を賭けた“無謀な戦い”を仕掛ける姿をドラマチックに描いていく。豪華キャスト陣が、ひと癖もふた癖もある弁護士やパラリーガルを演じるところが見どころとなる。

米倉は「みんな初顔合わせの仲間たちばかり。この1か月はセリフが結構多いドラマなので、1人ずつ壁を作りながら話している(セリフの練習をしている)ことが多かったんですけど、ここ1週間くらいかな、少しずつ打ち解けてくれるようになった。(設定が)弁護士事務所の仲間たちばかりなので、学校にいるみたい。高橋さんがムードを作ってくれるので助かっています」と嬉しそうにコメント。

新しいヒロイン像の構築には苦労もあったようで、「久しぶりに本当にスタートの地点から新しいドラマを作っていく体験をして、こんなに緊張するものなのかって。現場に行くのも今日何の話したらいいのかなってセリフと違うこと考えていたり。でも、今はなんとなくキャラクターもまとまってきてすごく楽しくさせてもらっています」と現場の様子を紹介した。

米倉とは初共演の向井は「ご覧の通りの容姿、気遣いも素晴らしくて、(オーラもあって)なかなか直視できない」とその印象をしみじみ。同じく初共演の安達も「美しすぎてドギマギしてちゃんとご挨拶できなかった。うちの娘が大ファン。本当にやさしい方で娘にいい人って胸を張って言える方です」とコメントした。

高橋も初共演だが、「とにかくずっと動いている人。柔軟(体操)をやっていたり、ゴルフボールを足で踏んづけていたり……」と米倉のアクティブさを称賛。これには米倉は「落ち着きがないだけなんです。多動症なんですかね」と恐縮していた。

一方、米倉とは8年ぶりの共演となる林は「初めてご一緒させていただいて以来、憧れの女優さん。当時、優しく可愛がってもらった記憶があります。またこのチームに参加できることは念願でした。米倉さんもお変わりなく、お綺麗でかっこよくて、毎日一緒に仕事ができているのが光栄です」とコメントすると、米倉は「今度カニを食べに連れていきます」とにっこり。林もこれに「米倉さんに逆におごれるような男になれるよう、これからも頑張ります」と反応していた。

吉田は花束贈呈ゲストとして登壇。米倉を軽々と持ち上げて見せたが、米倉もこのパフォーマンスには感心しきり。「体がふっと浮く感じ。女の人にお姫様抱っこされるのは初めて。びっくりしました」と驚きを隠せない様子だった。

PICK UP