タモリ、東京にとって重要な町・宇都宮の真実に迫る『ブラタモリ』

公開: 更新:

街歩きの達人タモリが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30~)。9月22日の放送は、タモリと林田理沙アナウンサーが栃木県の宇都宮を訪れる。

ギョーザの年間消費量は何と日本一。東京から新幹線で50分とアクセスも良く、多くの観光客が訪れる人気の宇都宮だが、実は「江戸・東京にとって欠かせない」重要な町でもあったという。江戸時代から現代に至るまで、常に“欠かせない”重要な町であり続けた宇都宮の真実を、タモリがブラブラ歩いて解き明かしていく。

まずタモリが向かったのは、宇都宮の中心街。そこに突如として現れたのが、宇都宮の地名の由来になったともいわれる二荒山神社だ。高台の神社から景色を見ると、江戸幕府が宇都宮を重要視した理由が見えてくる。

次に、高い土塁が見事な宇都宮城へ。普通は城よりも低い場所に作られる「城下町」だが、宇都宮ではなぜか城よりも高い台地の上にあるという、世にも不思議な「城上町」。実はこの城上町を作ったことこそ、江戸幕府が宇都宮を重要視した真の理由で、謎を解く手がかりは、日光東照宮にあるという。

さらに、町中を歩くと見事な教会を発見。全て高級石材「大谷石」で作られたカトリック松が峰教会で、実はこの大谷石こそ、帝国ホテルや築地本願寺にも使われ明治以降の東京の町づくりを支えた「欠かせないもの」だという。味わい深い見た目と加工のしやすさ、さらには最高の音楽までプレゼントしてくれる大谷石の魅力を、教会内で体感する。

そして、地下の採石場にも潜入。タモリがゴムボートに乗って地底湖探検すると、暗闇の中から極上の大谷石を取る秘訣が明らかになる。地下空間の冷たさを活かして生まれた、絶品デザートも登場する。